この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

【レビュー要約】スマホ脳 (新潮新書)-アンデシュ・ハンセン (著)

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

スティーブ・ジョブズやビル・ゲイツなど、IT業界のトップはわが子にデジタル・デバイスを与えない理由はなぜか?

2020/11/18に出版された精神科医であるアンデシュ・ハンセンが書いたベストセラー作品である「スマホ脳」をを読ませていただいたので、

その要約と要点の紹介、レビューを簡単に書きたいと思います。

スティーブ・ジョブズは自分の子供になぜiPadを触らせなかったのか?ビル・ゲイツは子供がなぜ14歳になるまでスマホを持たせなかったか?スウェーデンの精神科医が、読者のことを思って書いた「スマホ脳=ドラッグ脳」としての告発書と言われているこちらの本を紹介します。

スポンサーリンク
ad
ad










スマホ脳 アンデシュ・ハンセン (著)の要点

  • 著者は「元・スマホ依存者」の一人であり一人の依存者として警告を発している
  • スマホは最新のドラッグ(麻薬)である
  • スマホは脳の報酬中枢を激しく刺激するように作られている
  • 脳は狩猟・採集時代のままで現代の生活様式に適用する作りになっていない
  • 成人は一日平均4時間、若者の2割は7時間もスマホに費やしている
  • スマホの利用時間が増えたことにより睡眠・運動・面会に割く時間が低減し、睡眠障害や鬱病が顕著に増えた
  • 使うと手離せなくなり、気づかないうちに依存症なっていく
  • 子どもの頃からスマホを持たせると多くのデメリットがある
  • 「スマホ」が「成人性うつ」を発症させる
  • 脳はスマホが近くにあるだけでドーパミンを出し続ける
  • スマホ・タブレットは子供のためには廃止すべきである
  • スマホは無尽蔵に情報を与え続けるため人はスマホ依存になる
  • 人間の脳は新しい情報を受け取ると脳内報酬物質(ドーパミン)を出す
  • スマホ依存症の弊害その1「ストレスや鬱」
  • スマホ依存症の弊害その2「集中力・記憶力低下」
  • スマホ依存症の弊害その3「睡眠障害」
  • 睡眠を優先し身体をよく動かしなさい
  • スマホの存在を意識するだけで脳のリソースが割かれる
  • 適度なストレスに自分を晒し社会的な関係を作りなさい
  • スマホの使用を制限しなさい(完全に使わないと言っているわけではない)
  • SNSのように世界中の何百万人という勝てる見込みのない勝負はセロトニンが減少し幸福感が下がり、精神に支障をきたす
  • スマホは人間の生物学的性質に合っていない
  • スマホ中毒とうつ病には高い相関性がある
  • SNSを提供している企業はスマホを使う時間をお金に換金しているから無料で利用できる
  • 脳科学に基づいてSNSを長い時間利用するようにデザインされている
  • 「脳」は新しい情報やネガティブな感情には直ぐに反応する
  • 「脳」は集中力の持続が苦手である
  • SNS運営会社は「脳」をハッキングし広告を流して利益を得る
  • スマホはギャンブル、ドラッグと同様に依存性が高く脳に不可逆的影響を与える
  • スマホの通知は「いい知らせかも」といういうドーパミン(脳内麻薬)が出る
  • 子供はドーパミンの報酬が強く自制心が弱いのでスマホ中毒になりやすい
  • スマホのブルーライトは睡眠障害の要因になっている
  • SNSを利用すればするほど自己評価が下がり、幸福度が下がるというデータが出ている
  • スマホ脳の対策は運動をすること
  • 運動することで集中力や不安への耐性を高めることができる
  • 人間の脳は周りの評判が気になるのは遺伝子に組み込まれている
  • デジタル的に保存できることがわかると脳は記憶を放棄する
  • スクリーンを見ている時間が長い人ほど、よく眠れなくなり質が低下する
  • 6カ月間に最低52時間身体を動かすのが理想的である
  • スマホ脳の対策は使用時間を2時間以内制限して運動をして、人と交わることである
  • SNSは人を孤独にさせる

スマホ脳 アンデシュ・ハンセン (著)の目次

第1章 人類はスマホなしで歴史を作ってきた
第2章 ストレス、恐怖、うつには役目がある
第3章 スマホは私たちの最新のドラッグである
第4章 集中力こそ現代社会の貴重品
第5章 スクリーンがメンタルヘルスや睡眠に与える影響
第6章 SNS―現代最強の「インフルエンサー」
第7章 バカになっていく子供たち
第8章 運動というスマートな対抗策
第9章 脳はスマホに適応するのか?
第10章 おわりに

スマホ脳 アンデシュ・ハンセン (著)の感想

この本の言いたかったことを一言でまとめると「スマホが記憶力・集中力・学力を低下させ、睡眠障害や鬱病をもたらす」という内容でした。

スマホやタブレットの使う時間に気をつけて(スクリーンタイムを減らして)あとは運動をしなさいということ伝えたかったのでしょう。

結局は体を動かすことはストレス発散であるが、スマホの存在が、ストレス発散につながる活動時間や機会を奪っているためストレスがたまり鬱になってしまう。

結局はスマホを全く使わないということは現代ではできないのでスマホと付き合う時間を決めて、スマホ脳にならないように自分(または親)がコントロールしないと脳の発達や心身の育成に影響を与えるということでした。

【レビュー要約】医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン
2021/6/10に医師である内海聡さんが書かれた「医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新...

以上!この本のレビューと要約があなたのお役にたてば幸いです。

スポンサーリンク
ad
ad

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

tamezatu.com@Zakkiフォローすると最新のお役立ち情報の更新を受け取れます( ・ω・)