当サイトおよび一部のページにはプロモーションが含まれています

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

ついにキタ━(゚∀゚)━!AmazonがAWS Device Farmを発表。大量の実機をクラウドからテスト可能に。

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

\今だけ!期間限定!全手数料無料キャンペーン自動適用ボタン(自動適用されます)/

※通常は契約事務手数料3300円、SIMカード発行手数料446円がかかります。

2つめのLINEアカウント作成やTinderなどの出会い系アプリのアカウント作成に人気!当月解約でもペナルティなし!

契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金免除0円、解約違約金なし、MNP転出手数料なし、初月日割り計算キャンペーン中!上のバナーから開いて申し込みボタから申し込むと自動適用されます。

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

aws-device-farm0

アマゾン(Amazon Web Services)はAmazonのクラウドサービスを利用して、自分のアプリケーションを実機のスマートフォンやタブレット上でテストできるようになる「AWS Device Farm」をAWS Summit 2015 New Yorkで発表しました。

AWS Device Farmとは

デベロッパは専用アプリをアップロードして、デバイスとOSのさまざまな組み合わせの中で今いちばん多く使われている複数のモバイルデバイスでテストできるとAmazonは言っています。AmazonのDevice Farmの機能は、開発者がアプリをアップロードし、デバイスを指定すると、そのすべての画面やボタンをテストができる。終わったらレポートが出力されるので開発者はアプリのデバッグを開始すればよい。

利用方法

AWS Device Farmは、さまざまな種類の本物のデバイスを大量に並べて自動的にテストを実行するサービスです。

aws-device-farm1

幅広い種類のAndroidとFire OSデバイス、iOSデバイス、

スマートフォンもタブレットも用意されています。

aws-device-farm2

実機に対するモバイルアプリケーションのテストを、

APIを通じて標準的なワークフローのなかで実現する。

STEP1: モバイルアプリケーションをアップロードする。

aws-device-farm3

どのようなテストを行うのか構成する。

ランダムな入力で試すのかとか、他のパラメータ設定があれば同時に行う。

aws-device-farmstep2

テストを実施するデバイスを選択する。

aws-device-farm4

Wifiを使うかとかデバイスのロケーションとか言語の設定などを指定する。

aws-device-farm5

AWS Device Farm上でテストが実行されレポートが出力される。

テストに失敗した個数が赤で示されており、

成功したテストの個数がが緑で示されている。

どのテストに失敗したかなども詳細が表示される。

aws-device-farm6

テスト実行中のパフォーマンス、CPUやメモリの使用量なども記録される。

Xcodeよりも見やすそう。

aws-device-farm7

もちろんテスト実行中のスクリーンショットも取得できます。

aws-device-farm8

いじょうー!来週から使えるようになるみたいなので楽しみですね。

今だけ!33円だけでLINEの2つ目のアカウントが新規作成できる限定期間!

ほんの一握りの人だけが知っている秘密の裏技(※悪用厳禁)

\LINEの新規アカウントを33円の最安の料金で作成できる/

今だけ!期間限定!!契約事務手数料無料、解約違約金無料、契約解除料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、SIMカード発行手数料免除、契約初月の月額料金が日割り計算キャンペーン中!上のバナーから申し込むと自動適用されます。(参考:33円でLINEのアカウントを新規作成する方法・裏技)

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

tamezatu.com@Zakkiフォローすると最新のお役立ち情報の更新を受け取れます( ・ω・)