当サイトおよび一部のページにはプロモーションが含まれています

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

【iPhone文鎮化】日付を1970年1月1日で高速化や速度制限解除は嘘!文鎮化して復元も不可に。

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

\今だけ!期間限定!全手数料無料キャンペーン自動適用ボタン(自動適用されます)/

※通常は契約事務手数料3300円、SIMカード発行手数料446円がかかります。

2つめのLINEアカウント作成やTinderなどの出会い系アプリのアカウント作成に人気!当月解約でもペナルティなし!

契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金免除0円、解約違約金なし、MNP転出手数料なし、初月日割り計算キャンペーン中!上のバナーから開いて申し込みボタから申し込むと自動適用されます。

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

wraparound-iphone-3-635x476-e1441176010219

iPhoneやiPadのiOS端末の日時は普通は自動で設定されるようになっていますが、手動設定にして1970年1月1日を指定して再起動を行うと起動しなくなるバグがあります。ネット上では高速化したり速度制限解除されるという嘘が流れており実際に試して起動しなくなってしまった人も多いようです。なにがやばいのかというと復元すらできない状態になってしまい、アップルストアに持っていって修理か交換になるということです。DFUモードから復元もできませんでした。完全に文鎮化しますので注意してください。

日付を「1970年1月1日」に変更してはダメ

iPhoneの設定の「日付と時刻」は通常は自動設定で手動で設定していない状態ですが、これを自動設定を外して、手動で「1970年1月1日」に変更してiPhoneを再起動するとリンゴループになり起動できなくなります。

1970-0101-iphone

twitterなどではめっちゃ軽くなるとか、起動が早くなるとか、iPhoneが高速になる、即制限が解除されるなどと嘘が流れていますがそんなことは全くありえないことで実際に設定をすると文鎮化(起動しなく)するので絶対にしないでください。

出典: Cult of Mac

実際に設定して起動できなくなった動画は下記を見てみてください。

バグが起きる端末は

64bitプロセッサーを搭載した、iOS 8またはiOS 9の端末で発生しています。iPhoneだけでなくiPadも発生します。分解してバッテリーを外すことでSMC / PRAMのリセットがされて復活するという噂もありますがとても普通の人にはできません。

  • iPhone 5s
  • iPhone 6 / 6 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPad Air / Air2
  • iPad mini 2 / 3 / 4
  • iPad Pro
  • 第6世代iPod touch

大事なiPhoneを文鎮化させないために、絶対に行わないでください。

いじょうー!皆様のiPhoneライフのためになりましたら幸いです。


[CIMATECH] 取り外し可能 手帳型カバー 財布一体型 アイホンケース 札入れ 定期入れ Iphone 6S プラス 小銭入れ (Iphone 6S Plus, ブラウン (茶色))

今だけ!33円だけでLINEの2つ目のアカウントが新規作成できる限定期間!

ほんの一握りの人だけが知っている秘密の裏技(※悪用厳禁)

\LINEの新規アカウントを33円の最安の料金で作成できる/

今だけ!期間限定!!契約事務手数料無料、解約違約金無料、契約解除料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、SIMカード発行手数料免除、契約初月の月額料金が日割り計算キャンペーン中!上のバナーから申し込むと自動適用されます。(参考:33円でLINEのアカウントを新規作成する方法・裏技)

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

tamezatu.com@Zakkiフォローすると最新のお役立ち情報の更新を受け取れます( ・ω・)