この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

【必見】ノンアルコールビールやカクテルが飲酒運転になるのか各メーカーに問い合わせてみた結果

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを出された時にこの後運転しても本当に大丈夫と思われると思います。

実際にノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを販売している各メーカーに問い合わせてノンアルコール飲料を飲んだ後に運転してもいいか確認してみました。

結論から先に書くと、ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを販売している各メーカーに問い合わせた結果はノンアルコールビールやノンアルコールカクテルをどれだけ飲んでアルコール0.00%のため飲酒運転にはならないという回答をいただけました。

スポンサーリンク
ad
ad










酒気帯び運転と判断される条件はアルコール濃度測定結果が0.15mg以上

飲酒運転と判断される条件は、呼気検査をした結果がアルコール濃度が0.15mg以上であった場合のみです。

このアルコール濃度が0.15mg以上だと「酒気帯び運転」となり3年以下の懲役または50万円以下の罰金と判断されます。

また、酔がひどくまっすぐ歩けない状態だと「酒酔い運転」となり25点減点となり1発で免許取り消しとなるのでかなり重大なことだとわかります。

運転者の罰則

酒気帯び運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
酒酔い運転 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

行政処分

酒気帯び運転 呼気1リットル中のアルコール濃度0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満 13点 免停90日
呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム以上 25点 免許取り消し 欠格期間2年
酒酔い運転 35点 免許取り消し 欠格期間3年

また、運転者だけではなく、お酒を飲んでいると知りつつ車両を提供した人やその車両に同乗した人にも以下の罰則が定められています。

運転者が酒気帯び運転 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金
運転者が酒酔い運転 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

酒気帯び運転・飲酒運転となるアルコールの摂取量

ビール中びん1本(500ML)、日本酒1合(180ML)、焼酎0.6合(108ML)を飲んだ後に呼気1ℓ当たりのアルコール量を計測すると0.1~0.2mgとなり違反規定の0.15㎎を超えます。

各大手アルコールビール・カクテルのノンアルコールビールの飲酒運転判断の回答

実際にノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを販売している各メーカーに問い合わせてノンアルコール飲料を飲んだ後に運転してもいいか確認してみました。

サッポロビール株式会社のノンアルコール飲料の回答

回答: アルコール分0.00%の炭酸飲料のため、飲用後運転しても問題ありません。

アサヒビール株式会社のノンアルコール飲料の回答

回答: アルコール分0.00%の炭酸飲料のため、飲用後運転しても問題ありません。

キリン株式会社のノンアルコール飲料の回答

回答: アルコール分0.00%の炭酸飲料のため、飲用後運転しても問題ありません。

サントリーHD株式会社のノンアルコール飲料の回答

回答: アルコール分0.00%の炭酸飲料のため、飲用後運転しても問題ありません。

結果はどの会社もアルコールは一切含まれていないため、どれだけ飲んでも飲酒運転にはならず、飲用後すぐに運転しても問題はないという回答でした。

ノンアルコール飲料のホッピーだけは例外で飲みすぎると酒気帯び運転になる可能性があります。

ブランデー入りお菓子は飲酒運転になる?

もう1つ気になるのはブランデー入りのウイスキーボンボンなどのアルコールが含まれたチョコレート菓子を食べた時は飲酒扱いになるかが気になるのではないでしょうか?

調べた結果、ウイスキーボンボンの場合は、1個約8グラムの中に約2〜3%のアルコールが含まれているため1個当たりは0.24グラムのアルコールが入っています。

呼気からアルコールが一定の基準(0.15mg)以上検出されると『酒気帯び運転』であり真っすぐ歩けなかったり明らかに酔っていると判断されれば『酒酔い運転』となります。

食べた直後であれば十分に呼気のアルコール濃度0.15mg以上となる場合があるので気をつけないといけません。

食べてから20分ほど経過すれば体からアルコールは排出されるので運転前には食べないように気をつけたほうがいいですね。

警察はウイスキーボンボンをさっき食べたと言っても許してくれません。警察は「アルコールチェッカー」に反応した結果だけで判断するので言い訳しても結局は検挙されます。

甘酒は飲みすぎると飲酒運転になる?

酒粕の甘酒は、お湯に酒粕と砂糖を入れて加熱するだけで簡単に作ることができます。基本的には、加熱の工程で沸騰させることで8%前後ある酒粕のアルコール分のほとんどが飛んでアルコール分は1%以下になります。

このアルコール濃度0.15mg以下になる量は甘酒の場合は200ml以下であれば飲んだ直後にアルコール検査をされても基準以下になり安全です。

ただし大量に甘酒を飲むと酒気帯び運転の規定値であるアルコール濃度0.15mg以上を超えることもあるので、運転しないときに甘酒を飲みましょう。

甘酒には米麹と酒粕の2種類があり、米麹の甘酒はアルコールが含まれていないので運転前でも安心して飲めます。

ノンアルコール飲料のホッピーは飲みすぎると酒気帯び運転になる

ノンアルコール飲料のホッピーでも、アルコールに弱い人なら1.5L強で血中アルコール濃度は0.03%(アルコール濃度0.15mg)近くになります。

ノンアルコールだからといって、飲み過ぎると酒気帯び運転になる可能性があるということです。

運転免許の違反内容と違反点数まとめ一覧表

運転免許の違反内容と違反点数をまとめました。

特に違反点数は酒気帯びの場合はかなり厳しく大きめの違反点数となっています。

酒気帯び出ない時はなんてことない点数でも酒気帯びの場合は1発で免停や免許取り消しとなる場合があるのでかなり注意しないといけない部分ですよね。

違反行為の種別 点数 酒気帯び点数
0.25未満 0.25以上
酒酔い運転 35    
麻薬等運転 35    
共同危険行為等禁止違反 25    
無免許運転 25 25 25
大型自動車等無資格運転 12 19 25
仮免許運転違反 12 19 25
酒気帯び運転 0.25以上 25    
0.25未満 13    
過労運転等 25    
妨害運転 著しい交通の危険 35    
交通の危険のおそれ 25    
無車検運行 6 16 25
無保険運行 6 16 25
速度超過 50以上 12 19 25
30(高速40)以上50未満 6 16 25
25以上30(高速40)未満 3 15 25
20以上25未満 2 14 25
20未満 1 14 25

積載物
重量制限超過

大型等10割以上 6 16 25
大型等5割以上10割未満 3 15 25
普通等10割以上 3 15 25
大型等5割未満 2 14 25
普通等5割以上10割未満 2 14 25
普通等5割未満 1 14 25
放置駐車違反 駐停車禁止場所等 3    
駐車禁止場所等 2    
保管場所法違反 道路使用 3    
長時間駐車 2    
警察官現場指示違反 2 14 25
警察官通行禁止制限違反 2 14 25
信号無視 赤色等 2 14 25
点滅 2 14 25
通行禁止違反 2 14 25
歩行者用道路徐行違反 2 14 25
通行区分違反 2 14 25
歩行者側方安全間隔不保持等 2 14 25
急ブレーキ禁止違反 2 14 25
法定横断等禁止違反 2 14 25
追越し違反 2 14 25
路面電車後方不停止 2 14 25
踏切不停止等 2 14 25
遮断踏切立入り 2 14 25
優先道路通行車妨害等 2 14 25
交差点安全進行義務違反 2 14 25
横断歩行者等妨害等 2 14 25
徐行場所違反 2 14 25
指定場所一時不停止等 2 14 25
駐停車違反 駐停車禁止場所等 2 14 25
駐車禁止場所等 1 14 25
整備不良 制動装置等 2 14 25
尾灯等 1 14 25
安全運転義務違反 2 14 25
幼児等通行妨害 2 14 25
安全地帯徐行違反 2 14 25
騒音運転等 2 14 25
携帯電話使用等(交通の危険) 6 16 25
携帯電話使用等(保持) 3 15 25
消音器不備 2 14 25
高速自動車国道等措置命令違反 2 14 25
本線車道横断等禁止違反 2 14 25
高速自動車国道等運転者遵守事項違反 2 14 25
高速自動車国道等車間距離不保持 2 14 25
車間距離不保持 1 14 25
免許条件違反 2 14 25
番号標表示義務違反 2 14 25
混雑緩和措置命令違反 1 14 25
通行許可条件違反 1 14 25
通行帯違反 1 14 25
路線バス等優先通行帯違反 1 14 25
軌道敷内違反 1 14 25
道路外出右左折方法違反 1 14 25
道路外出右左折合図車妨害 1 14 25
指定横断等禁止違反 1 14 25
進路変更禁止違反 1 14 25
追い付かれた車両の義務違反 1 14 25
乗合自動車発進妨害 1 14 25
割込み等 1 14 25
交差点右左折方法違反 1 14 25
交差点右左折等合図車妨害 1 14 25
指定通行区分違反 1 14 25
交差点優先車妨害 1 14 25
緊急車妨害等 1 14 25
交差点等進入禁止違反 1 14 25
無灯火 1 14 25
減光等義務違反 1 14 25
合図不履行 1 14 25
合図制限違反 1 14 25
警音器吹鳴義務違反 1 14 25
乗車積載方法違反 1 14 25
定員外乗車 1 14 25
積載物大きさ制限超過 1 14 25
積載方法制限超過 1 14 25
制限外許可条件違反 1 14 25
牽引違反 1 14 25
原付牽引違反 1 14 25
転落等防止措置義務違反 1 14 25
転落積載物等危険防止措置義務違反 1 14 25
安全不確認ドア開放等 1 14 25
停止措置義務違反 1 14 25
初心運転者等保護義務違反 1 14 25
座席ベルト装着義務違反 1 14 25
幼児用補助装置使用義務違反 1 14 25
乗車用ヘルメット着用義務違反 1 14 25
大型自動二輪車等乗車方法違反 2 14 25
初心運転者標識表示義務違反 1 14 25
最低速度違反 1 14 25
本線車道通行車妨害 1 14 25
本線車道緊急車妨害 1 14 25
本線車道出入方法違反 1 14 25
牽引自動車本線車道通行帯違反 1 14 25
故障車両表示義務違反 1 14 25
仮免許練習標識表示義務違反 1 14 25

まとめ: ノンアルコールビールやカクテルは飲んでも飲酒運転にならない

ノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを販売している各メーカーに問い合わせた結果はノンアルコールビールやノンアルコールカクテルをどれだけ飲んでアルコール0.00%のため飲酒運転にはならないという回答をいただけました。

お店でノンアルコールビールやノンアルコールカクテルを購入する際には、アルコール分「0.00%」と記載があるものは正真正銘アルコールゼロの清涼飲料水になるのでどれだけ飲んでも、飲んですぐに車を運転しても問題ありません。

以上!この内容があなたのお役にたてば幸いです。

スポンサーリンク
ad
ad

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

tamezatu.com@Zakkiフォローすると最新のお役立ち情報の更新を受け取れます( ・ω・)