この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

【裏技】AirTagの開発者モードに入って見れない隠し画面を見る方法

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

Appleの「AirTag」ですが裏技を使って開発者モード(裏モード・隠し機能)に入ると、

加速度計やジャイロスコープの座標、触覚フィードバック、画面の解像度、トラッキングアニメーションなどの普通では見れない情報を見ることができます。

ここではAppleのAirTagの開発者モードに入る方法と実際の動作画面を紹介します。

スポンサーリンク
ad
ad










AppleのAirTagの開発者モード(裏モード)に入る方法は「アイテムの名前を4回タップ」

AppleのAirTagの開発者モード(裏モード・隠し機能)に入るにはAirTagにつけたアイテム名を4回連続タップすると入ることができます。

元の通常モードに戻るにはアイテム名を4回連続タップすると戻れます。

AppleのAirTagの開発者モードで見れる秘密の情報

AppleのAirTagの開発者モード(裏モード・隠し機能)で見れる情報は以下の通りです。これれは通常みれない情報で詳細な情報がオーバーレイで表示されます。

AppleのAirTagの開発者モードで見れる情報と機能
  • 加速度計やジャイロスコープの座標
  • 触覚フィードバック
  • 画面の解像度
  • トラッキングアニメーション
  • 探す画面の色の変更
  • 探す画面の透過度の変更
  • 「INTERACTIVE MODE」と「PROXIMITY MODE」の切り替え
  • AirTagの位置を示すドット数の変更
  • 「エコモード」のオンオフの切り替え

詳細はこのページに貼り付けてある動画を見てもらえればわかると思います。

いじょう!この内容があなたのお役にたてば幸いです。

スポンサーリンク
ad
ad

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

tamezatu.com@Zakkiフォローすると最新のお役立ち情報の更新を受け取れます( ・ω・)