この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

【保存版】Apple Watchを脱獄なしでエルメス化する方法

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

【全手順画像つき】Apple Watch1/2/3/4の通常モデル、エルメスモデル、Nikeモデルの全モデルをHERMES化(エルメス化)できる方法を徹底解説!

Apple Watch(Apple Watch4)は通常バージョンに加えて、特別バージョンとして高額なHERMES版(エルメス版)、ナイキ版がありますが、通常バージョンのApple Watchではエルメス版とナイキ版の専用文字盤(専用ウォッチフェイス)は使えません。

通常版のGPS+Cellularモデルは、56,800円(税別)に対してHERMES版(エルメス版)は149,800円(税別)で93,000円(税別)の価格差があります。

通常版のApple Watchやナイキ版でもエルメス版専用の文字盤(専用ウォッチフェイス)を使いたい!と思っている人は多いのではないでしょうか?

@Zakkiも「通常版でもエルメス版の文字盤を使いたい」と強く思い、すべてのアプリを実費テストしてこの方法をやっと見つけ出したので紹介します。

友達や知り合いに「エルメスモデル」と自慢できますよ!!

Apple Watch1/2/3/4の通常モデル、エルメスモデル、Nikeモデルの全モデルがHERMES化(エルメス化)できる方法なので楽しみながら試してみてくださいね。

日本中のどのサイトにも情報がなかったので@Zakkiが人柱となってまとめました。

スポンサーリンク
ad
ad










目次

通常版のApple WatchではHERMES版(エルメス版)の文字盤は使えない

HERMES版(エルメス版)は高すぎて変えないけど通常版のApple Watchやナイキ版のApple Watchでエルメス版専用の文字盤(専用ウォッチフェイス)を使いたい!と思っても普通は使うことが出来ません。

理由は、文字盤で差別化を図って高い値段になっているので普通の値段で購入した人には使わせないようになっているからです。

Apple Storeから文字盤を追加することもApple Watchがリリースされた2015年から4年経っている2019年でも実現出来ていません。

ベルトが主な値段差がある要因ですが、それでも93000円(税別)の違いは大きすぎると@Zakkiは思っています。

通常版とエルメスのApple Watchの4つの違い

通常版のApple WatchとHERMES版(エルメス版)のApple Watchの違いは主に「文字盤」「バンド」「本体裏のモデル名表示」「パッケージ」です。

他にも細かい違いがありますが、大きな違いは以下の4つです。

  1. 文字盤
  2. バンド
  3. 本体裏のモデル名表示
  4. パッケージ(化粧箱)

画像出典: Luke Chesser – unsplash

HERMES版(エルメス版)の価格はバンドの値段が多くを占める

HERMES版(エルメス版)のApple Watchが通常版と比べて値段が高い理由はエルメスの革バンドの価格が高いからです。

単体で購入しても約5万円近く値段が高くなることになります。

(Apple Watchのエルメスベルトの単体販売価格)

(Apple Watchの通常版のベルトの単体販売価格)

参照元: Apple Watch Series 4のバンド –  Apple

HERMES版(エルメス版)文字盤は4万円の付加価値

それでも4万円以上高いのはHERMES版(エルメス版)パッケージと文字盤の値段ではないかと想像できます。

HERMES版(エルメス版)も通常版もパッケージの製造にかかる費用はほぼ同じなのでエルメスの文字盤に4万円の付加価値があるといってもいいでしょう。

しかしここで紹介する方法を使うと600円程度でエルメス化できてしまいます。

HERMES風(エルメス風)ベルトはAmazonや楽天で入手できる

HERMES版(エルメス版)のベルトは本物を購入すると高いですがよく似たベルトがAmazonに1000円〜2500円程度の安い価格でたくさん出ています

ベルトもエルメス版のようにしたい場合はAmazonなどで購入するのがおすすめです。

本体価格が安いので本物のエルメスベルトのように気を使わなくて済みますし気軽に使えるのがメリットですね。

【セール】 【TPUケース付き】 アップルウォッチ バンド 40mm 44mm 革 皮 レザー ベルト 牛革 apple watch ウオッチ 本革 交換 Series4 レザーバンド 時計 革ベルト 時計ベルト 腕時計ベルト 時計バンド 腕時計 交換ベルト|スマートウォッチ 交換バンド アップルウオッチ

価格:2,100円
(2019/8/22 20:37時点)
感想(12件)

Apple Watch バンド レザー 44mm 42mm 40mm 38mm 本革 バンド Series4 Series3 Series2 Series1 ワニ型押し 本革バンド 本革ベルト アップルウォッチ

価格:2,480円
(2019/8/22 20:38時点)
感想(10件)

アップルウォッチ バンド スポーツバンド ベルト apple watch series4 40mm 44mmseries3 series2 series1 Apple Watch バンド 38mm 42mm レザー 本革 ベルト アップルウォッチ ビジネス風 高級感 おすすめ 腕時計バンド 替えベルト レディース メンズ ギフト 送料無料

価格:2,765円
(2019/8/22 20:38時点)
感想(5件)

Apple Watch用本革ベルト 44mm/42mm用 および 40mm / 38mm用。表面に牛革を使用したシックで高級感のあるアップルウォッチ用レザーバンド

価格:1,680円
(2019/8/22 20:39時点)

アップルウォッチ バンド レザー ベルト 皮 革 二重巻き apple watch series4 40mm 44mm 38mm 42mm ループ 交換 Series series3 Series2 Series1 送料無料|ベルト交換 ベルトだけ 時計 革ベルト 皮ベルト 時計ベルト 腕時計ベルト レザーベルト レザーバンド ウォッチバンド

価格:3,996円
(2019/8/22 20:39時点)
感想(6件)

【アップル社認定】 アップルウォッチ用 パーツ付バンド 38mm バンド イタリア モレラート社製 腕時計ベルト VIOLINO 時計ベルトMade for Apple Watchサードパーティ|時計 ベルト 腕時計 時計ベルト 革ベルト レザー 時計バンド おしゃれ 替えベルト ウオッチ 交換 ウォッチ

価格:11,880円
(2019/8/22 20:40時点)
感想(3件)

Apple Watch Series 4 バンド Apple Watch Series3/2 女性用バンド Apple Watch 4 本体バンド レザー 44mm 40mm アップルウォッチ Series 3/2/1用 腕時計 細い スリム ベルト 38mm 42mm おしゃれ 3WAY 女性向け 全7色【宅配コン送料無料】

価格:4,780円
(2019/8/22 20:41時点)
感想(4件)

apple watch Series4 44mm 40mm 対応 バンド アップルウォッチ交換バンド 38mm 42mm ワニ柄 Apple Watch本革ベルト 柔らかい高級 ローズ キュート 高級 軽量 上品 ビジネス エレガント 通勤 プレゼント ステンレス留め金製 アップルウォッチバンド

価格:5,605円
(2019/8/22 20:42時点)
感想(1件)

裏技を使うと普通のApple WatchでHERMES(エルメス)の文字盤が使える

しかし、ここで紹介する方法は脱獄(Jailbreak)という本体の改造をしなくてもアプリによって高額なHERMES版(エルメス版)の文字盤やナイキ版、Appleが用意していないオリジナルな文字盤を追加する方法を紹介します。

この方法を使うと、周りの人にエルメス版ではないのにエルメス版を使っていると思わせることができますよ!

文字盤は本物と比べても全く差はないのでApple Watch本体裏のモデル名表示を確認しない限りわかりませんので堂々と使えます。

HERMES(エルメス)化用のアプリは「Jing Watch」

さて、Apple Watchをエルメス化するには「Jing Watch Face」というアプリを使います。

この「Jing Watch Face」を使うとiPhoneやApple Watchを脱獄(Jailbreak)しなくても文字盤を追加・変更することができるので安全に使えるのがメリットです。

ほぼ本物のエルメス版Apple Watchと同じように使うことができます。

他のApple Watchの文字盤を追加するアプリはすべて@Zakkiが人柱となって実費で試しましたが「Jing Watch Face」以上にできの良いアプリはありませんでした。

このアプリをiPhoneにダウンロード&インストールしてからApple WatchにWatchアプリから「Jing Watch Face」をインストールすることでエルメスやロレックス、ナイキや公式ではないようなオリジナルの文字盤も追加することができるようになります。

文字盤は大量に用意されているので自分だけのオリジナルのApple Watchを作ることができるのがメリットでもあります。

Apple Watchのエルメス化の全体の流れ

簡単に通常版のApple Watchやナイキ版をエルメス版化するための全体の流れは以下のようになります。

けっこう手順がありますが最初だけ1度行ってしまえばあとは同じ手順をしなくても使えるので最初だけ頑張ればOKです。

  1. iPhoneのSafariで「Jing Watch Face」を開く
  2. 「Installation」のボタンをタップする
  3. 「Jing Watch Face」をiPhoneにダウンロードする
  4. アプリを信頼する
  5. 「Jing Watch Face」のユーザー登録をする
  6. 「Jing Watch Face」アプリで通貨をチャージする
  7. HERMES(エルメス)の文字盤をダウンロードする
  8. Apple Watchに「Jing Watch Face」をインストールする
  9. 「Jing Watch Face」アプリでHERMES(エルメス)の文字盤を選択する
  10. 完了

「Jing Watch Face」の招待コードはいらなくなり誰でも使えるように

「Jing Watch Face」は以前はFacebookを利用した「Invitation Code(招待コード)」を取得しないとダウンロードも利用も出来ませんでした。

これが結構手間でハードルが高かったんです。

2019年現在は「Invitation Code(招待コード)」がなくても誰でもダウンロードをして利用できるようになりました。

「Jing Watch Face」はエンタープライズアプリ

通常アプリは、App Storeで配布されるアプリと企業などの会社が使うためのエンタープライズアプリの2つに別れています。

この「Jing Watch Face」は内容がグレーなのでApp Storeで配布するための審査に通過できないためApp Storeを使わないでインストールできる「エンタープライズアプリ」となっています。

「エンタープライズアプリ」とすることでアップルから正式に認証されて使えるようになっているので安心して使えるものです。

検証で使っているApple WatchはApple Watch4 ナイキモデル

今回@Zakkiがこの記事を作成するのに検証で使っているApple WatchはA1978 ナイキの44mmケース Apple Watch4になります。

A1978 ナイキの44mmケースはアルミケースなのでエルメスの文字盤が表示されていても見る人が見れば本物のエルメス版では無いことは簡単にわかります。

銀メッキのカバーをかぶせて使っています。

※エルメス版にはアルミケースの設定はなくすべてステンレススチールケースのため。

※母艦となるiPhoneはSIMフリー版のiPhone XS Maxです。

ナイキ版なのでナイキ専用の文字盤があり「Jing Watch Face」を使わなくても使えるのがメリットです。

(A1978はナイキの44mmケース Apple Watch4)

Apple Watchの設定アプリの一般からモデル名を確認することができます。

Apple Watch4のナイキの44mmモデルなのでモデル名はA1978です。

エルメス化用のアプリ「Jing Watch」の入手方法

通常版のApple Watchやナイキ版をエルメス版化するために必要な「Jing Watch Face」はiPhoneのSafariから「Jing Watch Face」を開き、

「Installation(安装静静表盘)」ボタンをタップするとインストールされます。

エルメス化用のアプリ「Jing Watch」のインストール

Jing Watch Face」のアプリ名は以前は「Jing Watch」だったのですが2019年8月に「Jing Watch Pro」も追加になっていてどちらのアプリでも同じことができます。

通常は「Jing Watch」で問題ありません。

後で「Jing Watch Pro」のインストール方法も紹介します。

「Installation(安装静静表)」ボタンをタップ

「Jing Watch Face」は以前はFacebookを利用した「Invitation Code(招待コード)」を取得しないとダウンロードも利用も出来ませんでした。

2019年現在は「Invitation Code(招待コード)」がなくても誰でもダウンロードをして利用できるようになりました。

ポップアップした表示の「インストール」をタップする

何事もなくiPhoneにインストールされますがエンタープライズアプリなのでもうひと手間加えないと使えません(簡単です)

このまま起動しようとしても「信頼されていないエンタープライズデベロッパ」とポップアップが表示されます。

これを解決するためにiPhoneの設定アプリを開きます。

設定アプリ-「一般」をタップして開きます。

設定アプリ-「一般」-「プロファイルとデバイス管理」をタップして開きます。

「Zhuhai Hengqin Bright Scholar Management Consulting Co.,Ltd」をタップします。

アプリをインストールした時期によって「Zhuhai Hengqin Bright Scholar Management Consulting Co.,Ltd」の名前が他の名前に変わっている場合がありますが同じように進めてもらえれば問題なく使えます。

「Zhuhai Hengqin Bright Scholar Management Consulting Co.,Ltdを信頼」をタップします。

ポップアップの「信頼」をタップします。

↑上のような表示になったら「Jing Watch Face」アプリが使える状態になりました。

「Jing Watch Face」のユーザー登録をする

「Jing Watch Face」アプリが使える状態になったので「Jing Watch Face」アプリをタップして開きます。

「Jing Watch Face」アプリを起動したら下のタブの一番右にある「Personal」をタップします。

初めて使う場合はユーザー登録(無料)が必要になるので「You Still do not have User ID??」の右横にある「Click to sign up」のリンクをタップします。

ユーザーID、メールアドレス、パスワードを入力していき、利用規約にチェックを入れて「Sign Up」ボタンをタップしてユーザー登録をします。

メールアドレスはGmailやYahooメールなどのフリーメードアドレスで問題なく登録できます。

先ほど登録したユーザーIDとパスワードを入力して「Log In」ボタンをタップします。

ログインに成功すると「Personal」画面が表示されて自分のユーザーIDとメールアドレス、チャージ済みの金額が表示されます。

※この画面では既に@Zakkiが30.00⚜️分チャージ済みなので29.95と表示されていますが新規登録ユーザーは0.00と表示されます。

「Jing Watch Face」アプリで通貨をチャージする

早速エルメスの文字盤を追加しようとしてもチャージが0.00⚜️の状態では、追加することができません。

理由は、エルメスの文字盤は最低でも0.01⚜️の有料となっていて0.00⚜️の未チャージ状態では追加できないからです。

最初に「Jing Watch Face」アプリで通貨をチャージする必要があります。

ここでは安全なPayPalでチャージする方法を紹介します。

「Jing Watch Face」アプリを起動したら下のタブの一番右にある「Personal」をタップします。

USER IDが表示されている下にある「Recharge」の0.00⚜️をタップします。

すると支払い方法の選択画面が出てくるので3つのうちどれかの支払い方法をタップして選択します。

@Zakkiは普段からPayPalを使用しているのでPayPalを選択しました。

PayPalは支払先に自分の情報が伝わらず、PayPalも必要な分だけクレジットカードからチャージができるので安全です。

チャージは自分のユーザーID宛にされるので確認画面で表示される、USER IDとメールアドレスが正しいことを確認してから「submit」ボタンをタップします。

Jing Watchのチャージは最低が6ドルで1ドルに付き5.00⚜️の通貨がチャージされるので6×5.00で30.00⚜️分がチャージされます。

30.00⚜️分チャージすれば使い切れないくらいの通貨になるので665円程度でエルメス化やナイキ化、他の文字盤へのカスタマイズが出来てしまうのです。

他にかかるオプション料金や手数料なども一切ないので安全に利用できます。

PayPalの支払画面が表示されるので、PayPalのアカウントでログインをして、6.00$分を支払います。ここでは665円になっていますが、レートは毎日変動しているので決済するタイミングによって多少金額が変わってきます。

支払いを完了すると、PayPalのアカウントで登録してあるメールアドレスに決済の確認メールが送られてくるので確認しておきます。

「Jing Watch Face」アプリの下のタブの一番右にある「Personal」をタップします。

するとチャージされた内容が反映されています。

チャージした内容が反映されるのは8:00〜24:00の間なのでそれ以外の時間にチャージをしても翌朝8:00を過ぎないと反映されないので夜中にチャージをする場合には注意が必要です。

チャージされないと思って何度も決済しまわないように注意してください。

@Zakkiは深夜にチャージをして1度PayPalでチャージをした内容が反映されないでおかしいなと思って2回チャージしてしまったので60.00⚜️チャージされています。

チャージした60.00⚜️は余りまくっていて全然使い切れていません笑

これでエルメスの文字盤が購入できる状態になりました。

次のステップでは実際にエルメスの文字盤を購入する方法を紹介します。

HERMES(エルメス)の文字盤を購入&ダウンロードする

通貨のチャージが完了したらいよいよエルメスの文字盤を購入&ダウンロードしていきます。

文字盤の購入とダウンロードは「Face Store」から行います。

Face StoreはJing Watchアプリ下のメニューの真ん中にあるピンク色のストアアイコンをタップすると表示されます。

 「Face Store」が開いたら文字盤一覧が表示されますが、検索窓に「hermes」と入力してもエルメスの文字盤一覧が表示されます。

サーバーが中国にあるので読み込みが遅い場合は少し待っているか時間を開けて再度アプリを開いてみると正常に表示されたりします。

有料文字盤の追加購入方法

では実際にApple Watchに追加したい文字盤が見つかったら文字盤をタップして、詳細画面を表示します。

文字盤の詳細情報と必要な通貨が表示されますので

そのまま購入する場合は「Add My Faces」ボタンをタップします。

※有料文字盤は通貨をチャージしていない0.00⚜️の状態だと購入できないので未チャージの場合は先にチャージをしておいてください。

↑購入する場合は「Add My Faces」ボタンをタップします。

Determine to buy?」(本当に購入する?)とポップアップ表示が出るので「确定」をタップすると購入できます。

購入に成功すると上部に「Succeeded」と表示されまので表示されたら購入完了です。

「My Faces」タブを開くと購入した文字盤(フェイス)が追加されています。

アプリ下の一番左にあるMy Facesアイコンをタップして開くと先程購入した文字盤が追加されているのでタップするとアップルウォッチ側の文字盤として反映されます。

しかしまたApple Watch側に「Jing Watch」アプリをインストールしていないので次のステップでインストールをしましょう。

「Jing Watch」には無料の文字盤はある?

「Jing Watch」のエルメスやナイキの文字盤は有料ですが無料の文字盤があるのか気になるかと思います。

結論から先に書くと、「Jing Watch」には無料の文字盤が複数あります

実施にテストで使ってみましたが有料の文字盤と同じくらい完成度の高いものも多く無料のエルメスやナイキにこだわりがなければ無料の文字盤だけで十分にApple Watchをカスタマイズして楽しむことができますよ。

↑「Jing Watch」の無料の文字盤

「Jing Watch」にはNike+の文字盤はある?

「Jing Watch」にはナイキモデルの限定文字盤があるのが気になるかともいます。

結論から先に書くと、「Jing Watch」には有料ですがのNikeモデルの限定文字盤が複数あります

実施にテストで使ってみましたが@Zakkiが購入した本物のNikeモデルと全く同じ出来具合で文字盤の画質が悪かったり、ぼやけていたりなどは全くなく、本物と区別はできませんでした。

Apple Watchに「Jing Watch」アプリのインストール

ここまでの手順でApple Watchでエルメスの文字盤を追加するための手順はすべて完了していますので、

最後にApple WatchにJing Watchアプリをインストールしてエルメスの文字盤を表示していきましょう。

iPhoneのWatchアプリをタップして開きます。

Watchアプリの「マイウォッチ」タブを開いたら利用可能なAPP内にある「静静表盘(Jing Watch)」の右にある「インストール」ボタンをタップしてApple WatchにJing Watchアプリをインストールします。

Apple Watchに正常にインストールされるとApple Watchのアプリ一覧に「Jing Watch」のアプリアイコンが表示されるのでタップして開きます。

Jing Watchを初めて起動すると「信頼されてないAppデベロッパ」のポップアップ画面が表示されるのでデジタルクラウンで下にスクロールするか、指で画面をスクロールしていくと「信頼する」ボタンがあるので「信頼する」ボタンをタップします。

Jing Watchを初めて起動した時はデフォルトの「LUMINOR MARINA」の文字盤が表示されますが、iPhoneのJing Watchアプリから文字盤は簡単に変更することができます。

(↑Apple Watchナイキモデルでエルメスの文字盤を表示しているところ その1)

(↑Apple Watchナイキモデルでエルメスの文字盤を表示しているところ その2)

「Jing Watch」によるApple Watchの文字盤の変更方法

Apple WatchにJing WatchアプリをイントールしたらiPhoneのJing Watchアプリの「My Faces」から簡単に文字盤が変更できるようになっています。

「My Faces」にある文字盤をタップするとApple Watch側の文字盤(フェイス)が変わります。

ここでは「My Faces」の「愛互仕-8」を選んでApple Watchに表示されせています。

Apple Watch側の文字盤(フェイス)が変わらない場合はApple Watch側のJing Watchアプリが開かれていることを確認してください。

Jing Watchアプリが開かれていないと文字盤の変更は適用されないので気をつけてください。

このようにiPhoneのJing Watchアプリの「My Faces」から表示させたい文字盤を選ぶことでアップルが標準で用意している以外の好きなカスタム文字盤を表示することができます。

「Jing Watch」の有料文字盤は10分以内なら返金できる

Jing Watchは優良なアプリなので、有料文字盤を購入してから10分以内であれば返金してもらうことができます。

たとえば実際にApple Watchで使ってみてイメージと違った場合や使いにくなった場合は購入後10分以内であれば返金してもらえます

ただし返金は月に15回までの制限あるので注意してください。

ここでは、実施に購入した有料文字盤を返金する方法を紹介します。

例えばこのエルメスの文字盤を購入して返金してみます。

「Add My Faces」ボタンをタップして購入します。

※有料文字盤は通貨をチャージしていない0.00⚜️の状態だと購入できないので未チャージの場合は先にチャージをしておいてください。

Determine to buy?」(本当に購入する?)とポップアップ表示が出るので「确定」をタップすると購入できます。

アプリ下の一番左にある「My Faces」アイコンをタップして開くと先程購入した文字盤が追加されていますんでタップするとアップルウォッチ側の文字盤として反映されます。

さて、では実施にこの文字盤が気にいたなかったとして返金をしてみます。

「My Faces」タブの「Manage My Faces」をタップしたら、メニューから「Purchased Face」をタップします。

すると先ほど購入した文字盤の横に灰色で「退款」ボタンがあるのでこちらをタップすると返金してもらうことができます。

もちろん返金してもらうとApple Watch上からは返金した文字盤は使えなくなりますので優良文字盤をタダで貰うことはできません(確認済み)

Apple Watch側の画面のスリープ設定の変更

これでApple Watchのエルメス化は完了ですが、最後に1つだけApple Watchの画面スリープの設定を変更しておいたほうがいい箇所があります。

こちらの設定を変更することで画面オフのスリープ状態から画面が表示されたときでもエルメスの文字盤が表示されるようになるので本物のように見せることができます。

Apple Watchのアプリ一覧から「設定」アプリを開き「一般」-「画面スリープ解除」まで開きます。

デフォルトでは「画面を上げたときに最後に使用したAPPを表示」が「最後の仕様から2分以内」になっているのでこれを「常に」に変更します。

これで画面オフのスリープ状態から画面が表示されたときでも画面ロック状態から画面が表示されたときでもエルメスの文字盤が表示されるので本物と同じ動きになり区別がつかなくなります。

Apple Watchのエルメス化(HERMES化)完了!

いかがでしたか?「Jing Watch Face」を使うと、周りの人にエルメス版ではないのにエルメス版を使っていると思わせることができます。

本物と比べても全く差はないのでApple Watch本体裏のモデル名表示を確認しない限りわかりませんので堂々と使えます。

エルメスの文字盤の付加価値は約4万円なのでこれを「Jing Watch Face」を使うことでたった約665円だけでエルメス化することもできます。

嬉しいことにNikeモデル化だけでなくApple純正には用意されていないロレックスやウブロなどのオリジナルの文字盤を追加してカスタマイズできるので自分だけのオリジナルのApple Watchを作れます。

それなりの知識は必要ですがこの全手順画像つきの手順のとおりにやれば確実に適用できるはずなのでぜひ、いろいろなカスタム文字盤で楽しんでみてくださいね。

Apple Watch1/2/3/4の通常モデル、エルメスモデル、Nikeモデルの全モデルがHERMES化(エルメス化)できる方法なので楽しみながら試してみてくだいね。

このやり方を知ってしまうと本物のエルメスアップルウォッチを購入した人が泣いてしまうのでこの内容を絶対に人に教えたりシェアしないでださい。

いじょう!この内容がお役にたてば幸いです。

スポンサーリンク
ad
ad

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

tamezatu.com@Zakkiフォローすると最新のお役立ち情報の更新を受け取れます( ・ω・)

facebook