この記事がお役にたちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

【暖房の電気代】エアコン・ストーブ・ヒーターの電気代!一日つけっぱなしの場合の比較

この記事がお役にたちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

暖房の電気代は、

エアコンが1時間40円、電気ヒーターが1時間15円、オイルヒーターが1時間32円、床暖房が1時間25円、コタツが1時間4円、ホットカーペットが1時間19円、電気毛布が1時間1.4円、石油ストーブが1時間19円になります。

この電気代は1時間の電気代なので1日つけっぱなしの場合の暖房の電気代はこの電気代に使用する時間をかけることで算出できます。

エアコンは電気代が高く、石油ストーブは思ったよりも安いことがわかると思います。部屋全体でなくスポットで暖める暖房器具は電気代が安くなる傾向にあります。

スポンサーリンク
ad
ad










【暖房の電気代比較】エアコン・電気ヒーター・コタツ・石油ストーブ・電気毛布・ホットカーペット

実際に各暖房器具を使用した時の電気代をまとめてみました。

また各暖房器具によって消費電力が異なるためカッコのなかにはその暖房器具の消費電力を記載しています。

  • エアコン: 1時間40円(消費電力1000W)
  • 電気ヒーター: 1時間15円(消費電力600W)
  • オイルヒーター: 1時間32円(消費電力1200W)
  • 床暖房: 1時間25円
  • コタツ: 1時間8円(消費電力400W)
  • ホットカーペット(電気カーペット): 1時間19円(消費電力700W)
  • 電気毛布: 1時間1.4円(消費電力50W)
  • 石油ストーブ: 1時間19円(灯油の燃料代換算)

人がいる場所をピンポイントで温める器具は電気代が安くなる

暖房器具には多くの種類がありますが、電気代が安くなる暖房器具には特徴があり、「人がいる場所をピンポイントで温める暖房器具」は無駄がないため電気代が安くなります。

例えば、電気ストーブ、電気ヒーター、こたつ、電気毛布などです。

部屋に一人だけしかいない場合や少人数の場合はエアコンではなく、ピンポイントで暖める暖房器具を使うと光熱費を節約できます。

エアコンは冷房よりも暖房のほうが電気代が高くなる理由は温度差

エアコンを使った暖房はどの暖房器具よりも電気代が高くなります。

この理由はいくるかあり

  1. 温める空間が広い
  2. 夏より冬のほうが温度差が大きいので電気がかかる
  3. 室外機を動かす電力が必要

などが要因です。

エアコンは室内の温度を設定温度にするまでが一番電気を消費します。

基本的に夏よりも冬のほうが外気温と室温の温度差が大きいので電気代は冬のほうが高くなります。

冬のエアコンでの暖房の電気代を安くする方法・コツ

冬にエアコンを使った暖房の電気代を安くするにはコツがあります。

以下の方法を使うとことでエアコンの電気代を安くすることができます。

  1. エアコンは基本的に自動運転にする
  2. 窓にはカーテンを付けて外気を遮断する
  3. 扇風機やサーキュレーターを天井に向けて回す
  4. こまめにフィルターを掃除する
  5. 電気毛布やコタツなどど併用する
  6. 室外機の周りにはものを置かない

エアコンは基本的に自動運転で一気に室温を上げるほうが効率がいい

エアコンを強風で使うと電気代が高くなるからといって弱や中の風量で使っている家庭が多いのですが、実は自動運転のほうが電気代は安くなります。

理由は、ゆっくりと温度を上げるよりも自動運転で一気に設定した温度まで上げてしまうほうが電気効率がいいからです。

設定温度になっても基本的に自動運転のままが電気代は一番安くなります。

窓にはカーテンで断熱をすると効果的

自宅の部屋の窓にはカーテンや断熱フィルムなどが設置されていますか?

実は冬に部屋から熱気が放出するのは窓が一番多く52%が窓から熱が外に漏れていきます。

そのため、カーテンや断熱フィルムを設置することで常に温度が下がっていく部屋を温め続けなくてよくなるので電気代が安くなります。

極端な話窓に100均で売っている断熱シートやプチプチ(衝撃吸収シート)などを貼るだけで部屋の断熱はかなり向上するので電気代は確実に安くなります。

扇風機やサーキュレーターを天井に向けて回す

エアコンの暖房を使う場合は、扇風機やサーキュレーターを使って下から上に向かって風を送ってあげることで電気代を安くすることができます。

この理由は、暖かい空気が上にたまる性質があるため、部屋の中で空気の対流が起きていないとなかなかしたのほうが暖まってこないからです。

冬でも夏に使っている扇風機で風を上に送ってあげるだけで電気代は確実に安くなり部屋全体が暖まりやすくなります。

まとめ: エアコン・石油ストーブ・ヒーターの電気代!一日つけっぱなしの場合の比較

いかがでしたか?電気代が安くなるのはピンポイントで温める暖房器具です。

  • エアコン: 1時間40円(消費電力1000W)
  • 電気ヒーター: 1時間15円(消費電力600W)
  • オイルヒーター: 1時間32円(消費電力1200W)
  • 床暖房: 1時間25円
  • コタツ: 1時間8円(消費電力400W)
  • ホットカーペット(電気カーペット): 1時間19円(消費電力700W)
  • 電気毛布: 1時間1.4円(消費電力50W)
  • 石油ストーブ: 1時間19円

コタツやホットカーペット、電気毛布などを活用しつつエアコンやヒーターなどと併用すれば電気代は大幅に安くなるのでぜひ試してみてくだしね。

いじょう!この記事があなたのお役にたちましたら幸いです。

スポンサーリンク
ad
ad

この記事がお役にたちましたらシェアしていただけるとうれしいです(*^^*)

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook