当サイトおよび一部のページにはプロモーションが含まれています

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

【悲報】本家「ドラえもん」の声、大山のぶ代さんが認知症に

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

\今だけ!期間限定!全手数料無料キャンペーン自動適用ボタン(自動適用されます)/

※通常は契約事務手数料3300円、SIMカード発行手数料446円がかかります。

2つめのLINEアカウント作成やTinderなどの出会い系アプリのアカウント作成,SMS認証用に人気!LINEの年齢認証もでき当月解約でもペナルティなし!

今だけ!期間限定!!契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金免除0円、解約違約金なし、MNP転出手数料なし、初月日割り計算キャンペーン中!上のバナーから開いて申し込みボタから申し込むと自動適用されます。

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

ad

夫がラジオ番組で語る

もしかしてドラえもんの声優さんが変わった本当の理由ってこれ?って頭をよぎりました。本人はこうなる前からわかっていたようです。

5月13日放送のTBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」の中で、ドラえもんの声優として活躍した女優の大山のぶ代さんが、現在、認知症で闘病中であることを、夫の砂川啓介(俳優)さんが放送中で話していました。

ラジオの放送では、少し前から認知症の症状が出始めたそうで、現在は、症状が出るときと出ないときがあるような状態らしいです。
大山さんは2008年に脳梗塞を患っており、夫の砂川さんは、「脳こうそくの後遺症だと思い、(病気に)気づかなかった」と話していました。脳梗塞がトリガになった可能性が十分にありそうですね。

大山さんは自宅で生活しており、体は元気だが、直前に言ったことを忘れてしまったり、
得意だった料理ができなかったり、自分で入浴したりできないそう。現在は、砂川さん、家政婦さん、大山さんのマネージャーさんで協力して介護をしており、食事や入浴をサポートしているとのこと。

ただ、昨年4月行われた砂川さんのライブでは、ステージで挨拶もしており、
所属事務所によれば、人前に出るときは気を張っているときはしっかりしていて、声の仕事も続ける意思があるとのこと。

声優交代の理由

2001年になって大山のぶ代さんが病気がちになってスタッフに降板を申し出ようとしたができなかったようです。大山のぶ代は2005年で70歳近くになっており、ドラえもんを後世に伝えるためには、声優交代は避けられなかったのでしょう。大山のぶ代は自分が突然倒れてドラえもんが放送できなくなることを何より 恐れ、元気なうちに若い声優にバトンタッチすることを考えていたようだ。ドラえもんを大切にする気持ちに泣けてきました。

私は、未だドラえもん=のぶ代さんのイメージがあるだけにショックを隠せません。今のドラえもんをみると違和感バリバリです。少しでも改善して元気でいてほしいと祈るばかりです。

今だけ!33円だけでLINEの2つ目のアカウントが新規作成できる限定期間!

ほんの一握りの人だけが知っている秘密の裏技(※悪用厳禁)

\LINEの新規アカウントを33円の最安の料金で作成できる/

今だけ!期間限定!!契約事務手数料無料、解約違約金無料、契約解除料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、SIMカード発行手数料免除、契約初月の月額料金が日割り計算キャンペーン中!上のバナーから申し込むと自動適用されます。(参考:33円でLINEのアカウントを新規作成する方法・裏技)

ad

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

tamezatu.com@Zakkiフォローすると最新のお役立ち情報の更新を受け取れます( ・ω・)

ad