当サイトおよび一部のページにはプロモーションが含まれています

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

会社にバレずに副収入の確定申告をする方法

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

\今だけ!期間限定!全手数料無料キャンペーン自動適用ボタン(自動適用されます)/

※通常は契約事務手数料3300円、SIMカード発行手数料446円がかかります。

2つめのLINEアカウント作成やTinderなどの出会い系アプリのアカウント作成に人気!当月解約でもペナルティなし!

契約事務手数料無料、SIM発行手数料無料、最低利用期間なし、解約金免除0円、解約違約金なし、MNP転出手数料なし、初月日割り計算キャンペーン中!上のバナーから開いて申し込みボタから申し込むと自動適用されます。

※特別キャンペーンのため前触れなく突然終了する場合があります。

私はまだ確定申告するだけのブログ収入はありませんが、副収入だけで20万円を超えている人、給与所得を得ていない人は38万円を超えたら確定申告が必要です。

副収入はオークションやフリーマケットなどの売り上げも対象になります。家にある生活雑貨をいくら売ろうが課税対象外ですが、ショップで安く物を仕入れて購入金額より高く販売した場合は課税対象になります。

会社に副業がバレる理由

なぜ確定申告を最初に頭に入れて置かなければいけないかというとですね、

何も考えず確定申告を行うと、今務めている会社に副業がバレちゃうんです。

副業を禁止している会社は多くありますので、確定申告から会社に副業をしているのがバレます。

ズバリ、バレる原因は「住民税」です。給与から天引きという形で納税する仕組みを「特別徴収」といいますが、地方自治体から会社に対して住民税の個人別明細書が送られます。この明細書は社員個人にも送られてくるのですが、会社にも同様のものが給与計算の為の資料として送られます。これでバレるわけです。ネット副収入をそのまま確定申告だと、その住民税は会社の「特別徴収」に加算され、「給与」から天引きされる仕組みができてしまいます。

会社に副業がバレないようにする方法

これを防ぐにはどうしたら良いのか、確定申告する時に下記を実施します。
確定申告書の二枚目、第二表の右下に、「住民税・事業税に関する事項」という欄がありまして、

「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」のところ、「自分で納付(普通徴収)」にチェックを入れましょう。

こうすることで、会社から天引きされる「特別徴収」には加算されなくなります。
会社は会社、私は私という考えに切り替えて、副業として行なっている税金は全て自分で納めましょう。

これで会社の収入を保険に副業に取り組めますね。逆?

今だけ!33円だけでLINEの2つ目のアカウントが新規作成できる限定期間!

ほんの一握りの人だけが知っている秘密の裏技(※悪用厳禁)

\LINEの新規アカウントを33円の最安の料金で作成できる/

今だけ!期間限定!!契約事務手数料無料、解約違約金無料、契約解除料無料、最低利用期間なし、解約金なし、違約金なし、SIMカード発行手数料免除、契約初月の月額料金が日割り計算キャンペーン中!上のバナーから申し込むと自動適用されます。(参考:33円でLINEのアカウントを新規作成する方法・裏技)

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

tamezatu.com@Zakkiフォローすると最新のお役立ち情報の更新を受け取れます( ・ω・)