シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年格安SIM利用者統計データまとめ!利用者ナンバー1はOCNモバイルONE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

iphone-sim-kakuyasu

国内でモバイルマーケティングを展開しているMMD研究所が2016年の格安SIMサービスの利用者統計データを公表しました。格安SIMサービスでメインで利用されているのは「OCNモバイルONE、楽天モバイル」が上位で音声プランが46.7%、データプランが53.3%でした。

スポンサーリンク
ad
ad










調査結果サマリー

  • 格安SIMサービスの利用率は11.5%
  • メインで利用している格安SIMサービス「OCNモバイルONE、楽天モバイル」が上位
  • 格安SIMサービスの契約プランは、音声プランが46.7%、データプランが53.3%
  • 契約プラン別の格安SIMサービス利用は、音声プランが「楽天モバイル」
      データプランが「OCNモバイルONE」でそれぞれ最多

格安SIMサービスの利用率は11.5%

2016-kauyasu-sim-detail-01

15歳~69歳の男女35,061人を対象に、格安SIMサービスの利用について聞いたところ利用していると回答した人は11.5%だったそうです。まだまだ利用者は少ないですね。

OCN モバイル ONEが一番人気

2016-kauyasu-sim-detail-02

やはりSIMカードシェアNo.1はあまりの人気に通信回線がパンクして通信回線増強で最人気になったOCN モバイル ONEでした。

1位 OCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEは、専用SIMカードで月額972円(税込)から受信時最大262.5Mbpsの「LTE高速データ通信」が利用できるサービスです。
パケット代を節約したい方におすすめです。契約手数料はネットで契約する場合、どの会社も税込み3,240円かかるのですが、このOCNモバイル ONEは、このSIMパッケージ購入費がイコール契約手数料となっているのでお得です。これに150円プラスで050電話も使えます。これは緊急電話は使 えませんが、その他の通話は携帯よりも安く使えます。

使い方に応じて、1カ月に1回コースの変更ができるようになっており前日または前月のあまった通信容量が繰り越せるのが人気の秘密になっています。NTTドコモのネットワークを利用しているため、広範囲で利用可能です。

OCNモバイルONEの詳細は上から公式ホームページを見てみてください。

制限にかかっても200kbpsなら無制限で使えるので動画以外ならけっこう快適です。

  月額料金(税込) 最大通信速度(高速通信時) 最大通信速度(利用制限時) 備考
110MB/日コース 972円 262.5Mbps 200kbps 1暦日ごとに通信容量を超えた場合、通信速度が送受信時最大200kbpsになります。基本通信容量の残量は翌日まで繰り越しできます。
170MB/日コース 1,490円 262.5Mbps 200kbps 1暦日ごとに通信容量を超えた場合、通信速度が送受信時最大200kbpsになります。基本通信容量の残量は翌日まで繰り越しできます。
3GB/月コース 1,188円 262.5Mbps 200kbps 1暦日ごとに通信容量を超えた場合、通信速度が送受信時最大200kbpsになります。基本通信容量の残量は翌日まで繰り越しできます。
5GB/月コース 1,566円 262.5Mbps 200kbps 1暦日ごとに通信容量を超えた場合、通信速度が送受信時最大200kbpsになります。基本通信容量の残量は翌日まで繰り越しできます。
10GB/月コース 2,484円 262.5Mbps 200kbps 1暦日ごとに通信容量を超えた場合、通信速度が送受信時最大200kbpsになります。基本通信容量の残量は翌日まで繰り越しできます。
15GB/月コース 1,944円 500kbps 200kbps 1暦日ごとに通信容量を超えた場合、通信速度が送受信時最大200kbpsになります。基本通信容量の残量は翌日まで繰り越しできます。

OCN モバイル ONEが16.4%で1位でしたが次いで楽天モバイルが15.9%、IIJmioが11.3%となっています。

2位 楽天モバイル

楽天モバイルは楽天グループが運営している格安SIMです。この統計でのiPhone利用者の931人が楽天モバイルを選択しています。

高速通信でも比較的速度が出ており不満がなく利用出来ると評判で、月額850円で5分以内の通話 が無料でかけ放題になるサービスもあり電話を多くかける人にも人気です。楽天モバイルの強みはなんといっても楽天グループの各サービスと提携しており月額利用料で楽天ポイントが貯まることです。100円につき1ポイントたまるので月に10〜30ポイントくらいは貯まっていくことになります。

楽天電話を使うと10円/30秒と半額で通話が使えます。OCN モバイル ONEは20円/30秒なので通常の半額となるため安いですね。

また、月額料金850円の「5分かけ放題オプション」が用意されているので、これを使うと1回の電話が5分以内であれば通話料がとられることがありません。900円のデータSIM 3.1GBパックがあり他の格安SIMより容量が100MB分多くなっています。

  データSIM 通話SIM 通信速度
SMSなし SMSあり
ベーシックプラン 525円 645円 1,250円 200Kbps
3.1GBプラン 900円 1,020円 1,600円
下り最大
225Mbps
上り最大
50Mbps
5GBプラン 1,450円 1,570円 2,150円
10GBプラン 2,260円 2,380円 2,960円

データ通信メインであればOCNモバイル ONEで通話をけっこうする方は楽天モバイルを選択するといいでしょう。

データ専用格安SIM利用者の方が少し多い

格安SIMサービス利用者4,018人を対象にメインで利用している格安SIMサービスの契約プランを調査したら、音声通話プランを利用しているとの回答が46.7%、データ通信プランを利用しているとの回答は53.3%でした。

2016-kauyasu-sim-detail-03

サブ端末用としてデータ専用SIMを挿して使うという方法を用いている方がわずかに多いようです。

圧倒的にスマホで使われている

格安SIMサービスを利用している人4,018人を対象に、メインで利用している格安SIMを挿しているデバイスを聞いたところ、Androidス マートフォンが52.7%で最も高く、次いでiPhoneが23.2%、タブレットが13.4%、モバイルルーターが9.4%という結果でした。

75.9%が格安SIMを挿しているデバイスはスマートフォンと回答している。

2016-kauyasu-sim-detail-06

参考: MMD研究所

auやdocomoのiPhoneをSIMロック解除なしで格安SIMを使う方法もまとめています。参考になりましたら幸いです。

auやdocomoのiPhone,iPadで格安SIMを使う方法と詳細まとめ
auやdocomoのiPhoneでキャリア契約している人は月6000円〜10000円近くスマホ代を払っていいて苦しめられているのではないでし...

いじょうー!皆様の格安SIM選びのためになりましたら幸いです。

SIM変換アダプター SIM アダプタ 3枚セット 上海道場(初段) Nano SIM アダプター 3枚セット iphone5xperia ipad スマホ 拡張 便利 micro 全部入り 格安 MVNO 交換 代替

価格:599円
(2016/3/31 20:28時点)
感想(530件)

公式ページ: OCN モバイル ONE


iPhone,iPadにそのまま使える!格安SIMはmineo!SIMロック解除不要でユーザー満足度No.1です![詳細]
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook