この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

【速報】2019年Apple新製品発表会の内容と詳細まとめ!

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

【画像大量】9月11日午前2時から開催されたApple新製品発表会の内容をまとめました。今回は「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」「Apple Watch 5」「Apple TV」「iPad」「iPad OS」一番の目玉は「Apple Watch 5」の画面が常時点灯になったことです。

といっても搭載が期待されていた睡眠トラッキング機能は「Apple Watch5」では搭載されることなく、自分でアプリをインストールして睡眠状態を計測する必要があります。

スポンサーリンク
ad
ad










【速報】2019年Apple新製品発表会の内容と詳細まとめ!

2019年Apple新製品発表会(2019 Apple Special Event)の内容と詳細まとめ!

・Arcade AppleTV+
・iPad第7世代(A10 fusionチップ 3.5万〜)
・iPad OS(マルチタスク フロートキーボードetc)
・Apple Watch Series5(常時点灯機能追加 4万〜)
・iPhone11 (6色 6.1インチXR後継機種)
・iPhone11 Pro,Pro Max(4色3眼カメラ、A13チップ、稼働時間4時間伸びた 10万〜)

価格は、iPhone 11は699ドル(日本では74,800円)から、iPhone 11 Proは999ドル(10万6,800円)から、iPhone 11 Pro Maxは1,099ドル(11万9,800円)となります。

2018年モデルのiPhone XRは値下されて599ドル(64,800円)、2017年モデルのiPhone 8も値下げされて449ドル(5万2800円)と価格が改定されました。

iPhone 11、iPhone 11 ProにはNight modeが追加されて低光量の暗い場所での写真撮影が得意になりました。

この機能はGoogleの「pixel」の夜景モードと同じような機能です。

iPhone11シリーズは主にカメラが進化しました。

iPhone 11 Proには3つのカメラ、iPhone11には2つのカメラが搭載されていて、

どちらのモデルも1200万画素となっています。

超広角カメラが追加され、120度の視野角で撮影できます。

また、2倍の光学ズームが可能です。光学ズームはデジタルズームのような拡大した時の画質劣化がありません。

iPhone11は新型の「A13 Bionic」プロセッサーを搭載し、性能が向上しました。

85億個のトランジスターを搭載し、1秒間に1兆回の演算であり、スマホ史上最速のCPUとGPUとなりました。

「iPhone 11」シリーズにはギガビットで通信ができる「Wi-Fi 6」をスマホ初搭載しました。

ただしWi-Fiルーター側が「Wi-Fi 6」に対応している必要があります。

iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxは高速充電に対応。18Wの急速充電器が付属しい今までの5Wの充電器と比べると約1/3の時間で充電が完了するようになっています。

iPhone 11 Pro Maxは満充電からの動作時間が5時間伸びました。

iPhone 11 Proは満充電からの動作時間が4時間伸びました。

iPhone 11 Proは「ニューラルエンジン」を新しく搭載し、人工知能(AI)や機械学習ができるようになりました。これによってより高性能な画像認識ができ、

「Deep Fusion」という撮影時に露出量が異なる8枚の写真を連続撮影し、それを合成した写真が撮影できるようになりました。

iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxには、画素数と輝度が向上した「Super Retina XDR」という有機ELディスプレイを搭載。より鮮やかな画質になりました。

Android端末ではすでに多くの端末で搭載されているスリープ状態の画面をダブルタップすることで画面をオンにできる機能「Tap to Wake」機能が搭載され、電源ボタン(スリープボタン)を押さなくても画面をダブルタップするだけで画面をつけられるようになりました。

iPhone11の本体カラーはイエロー、グリーン、パープル、レッド、ホワイト、ブラックの6色展開。

iPhone 11 Proは今後されるソフトウェアにアップデートすることにより「Deep Fusion」という1回の撮影で同時に撮影した9枚の写真を分析することで、暗い場面での撮影が大幅に改善します。

Apple Watch5はセラミックチタン素材のケースボディが新規で追加されました。

また、画面が常時点灯できるようになりました。

また、コンパス機能が追加されました。

以上が2019年Apple新製品発表会(2019 Apple Special Event)の内容と詳細まとめでした!

ということで、@Zakkiは今回の新製品発表会で一番目玉だったApple Watch 5を予約しました。また手元にきたらApple Watch 4と比較レビューをしたいと思います。

ご自由にシェアやこの記事にリンクしてもらっても大丈夫です^^

それではおやすみなさい!

スポンサーリンク
ad
ad

この記事はシェアフリーですシェアしていただけると嬉しいです^^

tamezatu.com@Zakkiフォローすると最新のお役立ち情報の更新を受け取れます( ・ω・)

facebook