シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone7にはイヤホンジャック廃止確定でLightningイヤホンが採用か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 154

005_1600x1600

ども@Zakkiです。iPhone7ではイヤホンジャックがなくなると噂されていましたが、BarclaysのCChristopher Hemmelgarn氏によるとiPhone7にはLightningイヤホンが採用されるけど、ノイズキャンセリング機能はつかず、搭載するのは「iPhone 7s」からになると伝えています。

スポンサーリンク
ad
ad










iPhone7sからノイズキャンセリング機能がつく

Mac Rumorsのレポートによると、iPhone 7ではイヤホンジャックを廃止、Lightning接続の「EarPods」を同梱すると伝えています。そのためiPhone 7にはLightning接続のイヤホンが付属品として同梱されるとしています。Christopher Hemmelgarn氏の情報によるとしかしノイズキャンセリング機能付のLightningイヤホンはiPhone 7では採用されずに、iPhone 7sで導入されると伝えている。

ノイズキャンセルスマートコーデックの開発が必要

では、なぜiPhone7にはノイズキャンセリング機能がつかないと予測されているかというとノイズキャンセリング機能を有効にする高度なノイズキャンセルスマートコーデックがまだ開発されておらず、これはCirrus Logic社と共同で開発を行うため、2017年に採用されるだろうとのこと。

iPhone7からイヤホンジャックが廃止される可能性が高くなってきました。やはりさらに薄くするのを検討しているみたいです。Lightning変換アダプターが必要となりそうです。iPhone7は現行モデルより1mm以上も薄型化するとも言われていますがiPhone6sで外装の素材が強化されたと言っても不安ではあります。また最新の情報が入手できしたら追って紹介します。

新型イヤホンジャックの特許を取っている

photo_ic_earphone-1

一点@Zakki的に気になるところは、アップルは3.5mmミニステレオジャックの約半分ほどの径の新型イヤホンジャックの特許をすでに取得しています。もしかするとLightning形状ではなく小さなイヤホンジャックになる可能性もあります。最新の情報ではイヤホンジャックを廃止してLightning形状となると言われていますが、Lightning接続のイヤホンとなった場合はイヤホンを使いながら充電するときには、専用のアダプタを使う必要が出てきます。新型mac bookではusb端子1つで給電もデータ転送も行っているので可能性としてはありますがまだ不明な状態です。

すでにLightning接続はアマゾンで購入できるようになっており性能がすごいです。当然実際に使うことができます。iOSデバイスからダイレクトに24bit/48kHzデジタル信号を供給してハイレゾオーディオを楽しむことができますしLightningコネクタから出力されるデジタル信号は、Lightning Audio Moduleを経由、24bit/48kHzデジタル信号に対応するDACでアナログ変換された後に、内蔵されたポータブルアンプによりパワフルに増幅されるため表現力が豊かで広がりのある音で聴くことができ純度99.9999%の銅素材を使われていて電気信号のロスが抑えられてます。次買うイヤホンとして試してみたいです。iPod nano 第7世代はiOSではないため非対応みたいです。


リンクスインターナショナル IC-Earphone ホワイト ICEP-LT-04 WH

いじょうー!皆様のiPhoneライフのためになりましたら幸いです。


iPhone,iPadにそのまま使える!格安SIMはmineo!SIMロック解除不要でユーザー満足度No.1です![詳細]
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook