シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6sのCPUのアタリハズレを調べる方法とサムスン製とTSMC製の違いまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 154

iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9プロセッサーにはSamsungとTSMCの2つがあります。購入者はその2つのCPUを選択することはできず、購入してアプリにてどっちか判定をかけて初めてどっちのCPUであるかわかることになります。Appleがこの2つのチップで性能差が3パーセントほどあることを正式に認めています。同じ価格で購入しているのにアタリ、ハズレがあるのは許せないと思うのは@Zakkiだけでしょうか。今回はA9チップの搭載比率からバッテリー継続時間の違いについてと、どっちのCPUか判定する方法をまとめます。

スポンサーリンク
ad
ad










サムスンかTSMCのCPU判定方法

まずは購入したiPhone 6s/6s Plusはどちらのメーカのチップが使われているか確認する方法です。これは公式のApp Storeからダウンロードできるアプリで確認することができます。まずは下記アプリをダウンロードします。

Battery Memory System Status Monitorでも同じことができます。

lirum info liteLirum Device Info Lite

下のタブからホームをタップして表示されるModelの部分を確認します。型番が「N71AP, N66AP」ならサムスン製のCPUのiPhone6s/6s Plusとなり、「N71mAP、N66mAP」ならTSMC製のCPUがiPhone6s/6s Plusということになります。IMG_0256_1

確認できましたか?上の場合であればN71APと表示されているのでサムソン製ということになります。

チップ搭載の比率

iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9プロセッサーのSamsungとTSMCの比率は下記のようになっているようです。およそ6:4のでTSMC製が多く出荷されているのことがわかります。

total-a9

total-a9-02

iPhone6sでは約8割がTSMC製のA9を積んでいますが、iPhone6s PlusではTSMC製のA9の搭載率は約4割程度になっています。このことからiPhone6s Plusを購入した人はけっこうな擱筆でサムソンのA9搭載のものが手元にくることがわかります。以下元ネタです。

サムスンとTSMCで異なる点

バッテリー駆動時間が2時間違う(TSMCが良い)

Redditで行なわれているバッテリーベンチマークテストの結果ではTSMC製A9搭載iPhone6s Plusの電池が2時間近く長持ちしている結果がでておりTSMC製がサムスン製A9をはるかに上回る結果になっています。

tsmc_samsung_a9

左がTSMCで右がサムスンのA9チップを搭載したiPhoneの結果です。

この結果から簡単にいえば、TSMC製がアタリ、サムスン製がハズレとなります。

これは中古買取相場にも影響はでてきそうですね。

iPhone6では本体が曲がる問題に続き「チップゲート(Chipgate)」が発覚して購入者にとっては購入してからではないとアタリかハズレかがわからないため今後大きな騒動に発展しそうな気がします。@Zakkiとしては同じ値段を出しているのでサムソン製のiPhone6sを掴んでしまった人は無料でTSMCに交換するサービスくらいはやるべきだと思っています。現状はハズレを引いたからといってアップルで交換はしてくれません。

いじょうー!皆様のiPhoneライフのためになりましたら幸いです。


iPhone,iPadにそのまま使える!格安SIMはmineo!SIMロック解除不要でユーザー満足度No.1です![詳細]
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook