シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iphone6sのバックパネルが流出!強度テストで曲がらないことが判明36kgも耐えられる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 154

iPhone6s-move

iPhone6sのバックパネルが流出し、Unbox Therapyがまた強度実験を実施し実験結果を公開しています。どうやらiPhone6sはiPhone6とくらべて強度が倍以上になっていることがわかりました。なんでも7,000シリーズのアルミニウムが採用してiPhone 6よりもフレームの厚みが増しています。iPhone6sのケースの肉厚は1.9mmでiPhone6のケースは1.14mmなので約1.7倍の分厚さになっておりこれが効いていると思われます。Appleはアルミニウムの精錬ライン全体を買っているので、過去の6000シリーズと比較しても価格差は事実上ゼロらしいですよ。@ZakkiはiPhone6を購入した初日で曲げてしまっているので強度には敏感です笑 では早速。

スポンサーリンク
ad
ad










実験結果

まずはiPhone6

30ポンド(約13.61kg)の圧力で折れ曲がることが わかりました。

iPhone-movement-test1

本命iPhone6s

おなじ30ポンド(約13.61kg)以上かけても全く問題ありません。

iPhone-movement-test2

さらにー

50ポンド(22.68kg)以上の圧力を掛けてもちょっとしなっている程度です。

ロジックボードもこれだと無事ですね。

iPhone-movement-test3

さらにさらにー

80ポンド(36.29kg)の圧力を掛けるとまがり始めました。

ということはバックパネルだけの強度でiPhone6の約3倍近くの強度があることが判明しました。

iPhone-movement-test4

動画もあるよ

ここに動画もあるので時間があれば見てみてくださいね。


iPhone,iPadにそのまま使える!格安SIMはmineo!SIMロック解除不要でユーザー満足度No.1です![詳細]
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook