シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本物のiPhone6sがリーク!動作動画と内部の詳細を見てみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 154

あの有名なMacRumorsが組み立てられて動作しているiPhone6sの動画を公開しました。まだこの動画をみるとiOSは搭載され要らずテスト用のファームウェアが入っているようです。バッテリー容量についてはこの紹介動画からは読み取れませんでした。デバイスを分解した時の写真も公開されていましたのでここで紹介します。

スポンサーリンク
ad
ad










ロジックボード

さてiPhoneのマザーボードにあたるロジックボードはiPhone 6sには2倍高速なLTEを実現するモデムチップ「MDM9635M」が搭載されると噂されていましたがMacRumorsの情報をみる限りWTR3925が搭載されていることがわかります。

Qualcomm’s MDM9635M LTE baseband modem to support faster LTE with increased power efficiency, and our own photos have now confirmed the iPhone 6s will also include Qualcomm’s WTR3925 radio frequency transceiver chip to pair with the new modem for enhanced cellular network performance.

WTR3925はクアルコムのRFチップで1つのチップで複数の電波をまとめて高速通信ができるキャリアアグリゲーションが可能なチップです。最大下り300Mbpsもの速度が実現できるとか!もちろん理論値ですが。

wtr3925_iphone_6s

iPhone6sにはA9プロセッサが搭載されると言われていますが今回のリーク画像からは読み取れません。しかし現行のA8ではない無いかが搭載されることは間違いないでしょう。なんだかiPhone6搭載のA8よりサイズが大きくなっているのが気になるところです。大幅な性能アップが起きている可能性があります。

iphone_6s_6_chips

感圧タッチ搭載か!?

ディスプレイの裏側を写した写真になります。iPhone6sには感圧タッチが搭載されると言われていますがこの画像からはなんとも言えません。背面シールドはiPhone6とくらべて明らかに異なる部分があるとのことです。

One heavily rumored feature for the iPhone 6s is support for Force Touch, allowing the device to sense how hard the user is pressing on the display and activate differential controls depending on how much pressure is being applied. While the partially booting phone does not prove Force Touch support is present, there are some definite differences from the iPhone 6 such as the shielding on the rear of the display being glued in place rather than screwed in.

iphone_6s_gear_open

動画はこちらから

参照元: MacRumorsiPhone 6s Display and Logic Board Shown Booting to Gear Screen

いじょうー!皆様のiPhoneライフのためになりましたら幸いです。


iPhone,iPadにそのまま使える!格安SIMはmineo!SIMロック解除不要でユーザー満足度No.1です![詳細]
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook