シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【保存版】ハローワークの求人で優良なホワイト企業求人を見つける方法を教える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

taisyoku-tamezatu

ハローワークの求人というとちょっとブラックな企業だったり家族経営の会社の求人だったり、休日がすごく少ない企業の求人だったりするものが多いと思っている方は多いのではないでしょうか?

これは正解でハローワークには無料で求人が出せるシステムになっているため、給料の安い企業や家族経営の企業などコストをかけないで人を集めることができるシステムになっています。そのため、当然ながらリクナビやマイナビなどの大手転職サービスと比べると従業員いとって優しくない企業が多くなっていることが多いのが現実です。

しかし、ここで紹介する条件に照らし合わせて企業を淘汰していくとブラックな企業の求人に埋もれているホワイトな企業の求人を見つけ出すことができます。そのポイントをここでは紹介したいと思います。

スポンサーリンク
ad
ad










大前提としてハローワークの求人でホワイトなものは少ないことを知っておく

ハローワークの求人はあまり良質な求人がでることは少ないです。また、ハローワークで求人を探している年齢層は30代以降が多く企業側としては給料を多く払う必要なある人材が応募してくるかもしれないというリスクを背負うことになります。

さらに、良質な求人を出しても他のブラックな求人に埋もれてしまうため、まともな企業はハローワークに求人を出すことを辞める傾向が強くなっています。

利点があるといえば勤務先が比較的近いところにあるため事前に自分で調べることもできることと、勤務地があまり遠くないため通勤時間が短くできるというメリットはあります。いくら勤務地が近くても残業時間があまりに長かったり、給料が安かったらとても耐えられませんので勤務地が近いから。という理由だけで選ぶのは賢い選択ではありません。

ハローワークは週に1回求人が入れ替わります。そのためふらっと外に出るついでにでも立ち寄って求人票をチェックしてきましょう。気になった求人があればすぐに印刷して下記の除外条件に一致しなければ「まだ募集をしているのか」ハローワークの職員に聞きましょう。

ハローワークでホワイトな企業を見つけるコツ

hellow_work

勤務日数を確認する

まず最初に見なければならないのは、休日のデータです完全週休二日制であること、そして年間の休日が120日以上になっている企業をピックアップします。なぜ120日以上なのかというと正月休み、お盆休み、ゴールデンウィークなどの休日を合わせるとだいたい120日くらいになるからです。そのため、120日以下の場合は、それらの連休がもらえない可能性があるというわけです。

賞与を確認する

賞与は大きく年収に影響を与えます。まず3ヶ月以下の企業は除外するべきです。4ヶ月以上の企業はホワイトな企業である可能性が高いです。4ヶ月もだせる企業というのは経営が安定しているか親会社が大きく資本に困っていないことを意味します。

企業のホームページの役員の名前を見る

これはすでに上の2つをクリアしている企業のみチェックする内容ですが、企業のホームページを確認して役員の名前を見てみましょう。苗字が同じ場合は家族経営の場合が多いです。家族経営の会社はブラックである場合がほとんどなので除外します。

特許を取っている企業であるか

ここまで問題がなければ最後にその企業が特許を追っているかどうかを確認します。ホームページなどでチェックできるので必ず見て下さい。同時に取引先企業一覧もみます。取引先一覧に名前を聞いたことがある大手企業が入っていれば財政状況は安定していると判断できるため問題ありません。

面接での雰囲気を重視する

ここまでの条件をクリアしてきた企業は面接に進んでもいい企業です。面接ではまず面接官の雰囲気や対応をチェックします。眠そうだったり、疲れている雰囲気が出ていたり、社長がすごく張り切っている企業は危険です。ブラックの可能があるのでやめたほうがいいです。

(その他)新設の工場や営業所

時期に限らず、新たに工場を新設したり営業所を設けたりすることがあります。そのような企業は十分な資産があり余裕があります。

新たに工場を新設したり営業所を設けたりするときには従業員が必要になるためハローワークに求人がでてくることがあります。その場合はその企業が求める人材であると判断されると、内定が出やすいためおすすめできます。他の転職サイトとくらべてはるかに低い倍率で内定を勝ち取ることができますし、職場もクリーンなので気持ちよく仕事ができます。

20代、30代は断然転職エージェントが有利

N112_sumahodeyorokobu500-660x380

20代や30代は年齢が若いというだけで大きなアドバンテージを持っています。転職エージェントを使うほうがホワイトな企業で正社員で就職できる確率が上がります。

転職エージェントは内定獲得までの難易度の高いリクナビNEXTやマイナビ転職などの大手転職サイトと比べて専属の転職のプロが求人を紹介してくれて、内定獲得までのアドバイスや書類制作のサポートをしてくれます。私も転職エージェントを使って何度か転職していますが、数社から内定はもらえますし、最初から転職エージェントに伝えた条件以外の求人はそもそも来ないので探して選り分ける手間が省けます。

転職エージェントは、通常の転職サイトに出て来ない非公開の求人もたくさん取り扱っておい、紹介してもらうことができます。転職サイトと比べると、求人が事前に審査され、ホワイトな企業以外は登録できないようになっているため、待遇も企業の業績や福利厚生が良いものが多くなっています。

転職エージェントを使ったことない人はとても勿体無いことをしていると感じています。利用にかかる費用は一切不要で、無料で転職をサポートしてくれるので活用しない手はないでしょう。

私はITエンジニアという事と、有利に転職が進めたいという事でマイナビエージェントリクルートエージェントIT求人ナビを活用しています。どれも使ってみて他のサービスよりも内定率が高かったのと、求人内容がそれぞれ異なるためすべて登録しておくのがお勧めです。エージェントには他のサービスに登録しているか聞かれたら素直に答えておきましょう。それで不利になることは全くありません。

登録したら数日後位、担当になった人から電話がかかってきますので、そこで今までの転職活動や今までの経歴、転職したい理由や条件、持っているスキルや資格などをお話しします。

転職エージェントはパートナーですのでなんでも相談に乗ってくれます、うまくコミュニケーションをとるといろいろとアドバイスがもらえますし、良い求人をいち早く紹介してもらえます。転職は転職エージェントを活用して賢くスムーズに良質な企業に入りましょう。

いじょうー!転職を考えている方のためになりましたら幸いです。

転職系のトピックは他にも参考になりそうなものをまとめています。

転職後の試用期間中の退職完全マニュアル
ども!@Zakkiです。転職活動をして入社。しかし自分が思っている会社じゃなかったりブラック企業だったりで早期退職しようと思っている時によむ...
【面接前テクニック】職務経歴をごまかす・経歴詐称方法完全マニュアル
職務経歴とは職務経歴・職務経歴書は、応募先企業に対して、自分の職務経験や能力をアピールし、自分を売り込むためのツールです。だいたいA4サイズ...


履歴書の書き方なんて教えてあげないんだからっ!


iPhone,iPadにそのまま使える!格安SIMはmineo!SIMロック解除不要でユーザー満足度No.1です![詳細]
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook