シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コードレスクリーナーランキング!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 154

お家の掃除してますか?私は専業主夫なので毎日掃除機をかけています。掃除機を使っていて思うのはコード付きの掃除機はパワーはあるけどコードが邪魔でしょうがないことと、肝心なところでコードの長さが足りなくなることです笑 最近コードレスクリーナーいいなって調べていまして、普段充電させしておけばコードの長さを気にせずに掃除ができてるし軽いものがおおいからいいんじゃないの!?って思っています。そこで今回は、おすすめのコードレスクリーナーの人気ランキングを紹介しようと思います。 (この記事を書くのにかかった時間: 2時間)  

スポンサーリンク
ad
ad










1位 マキタ 10.8V充電式クリーナー CL100DW 評価4.5

自己放電が少ないため、長期保存しても満充電に近い仕事量が可能。「ゴミ捨て簡単」カプセル集じんゴミはカプセル部をひねって捨てるだけ集じん容量600mL 連続使用時間:約12分 吸込み仕事率:14W 奥まで届く!女性もクリーナーも奥が大事!もっと早く買えばよかったと!いう購入者が続出しているクリーナーです。ヘッドが小さいので、今までは掃除機ができなかったソファーの下やベッドの下も楽々掃除でき、狭いウォーキングクローゼットにも最適です。ぎ足し充電ができるので、いつまでもパワーが落ちることなく満タン状態で使用できます。


マキタ 10.8V充電式クリーナー CL100DW

2位 ダイソン DC61motorhead DC61MH 評価4.4

吸引力ならこれ!最も高い吸引力が続くハンディクリーナー。ダイソンデジタルモーターV6搭載 従来のモーターよりも最大で3倍の速度で高速回転。他のコードレスクリーナーの3倍の吸引力を実現しているらしいです。連続使用時間:約26分

半年利用して吸引力の衰えは全く感じなく、絨毯やカーペット、ベッドシーツに対してもぴったりと吸い付くように吸着しながらゴミを吸い上げ、一見綺麗そうなカーペットから恐ろしい量のホコリがとれて驚かされると評判です。カーペットをモーターヘッドで掃除したらモフモフ感が復活するくらいすごいみたいです。


ダイソン サイクロン式 ハンディークリーナー DC61MH

3位 ダイソン Fluffy DC74 motorhead DC74MH 評価4.3

集塵率が最強!こんないもゴミが取れるのか驚くレベルらしいです。ダイソンデジタルモーターV6搭載で大きいゴミも吸い取れる! 充電時間:3.5時間、運転時間:6~20分

小さな紙クズや、食べこぼしなど普通に吸い込みます。重心が手元にあるので高いところの掃除も楽々で、細かい塵からホコリ、米粒、お菓子のくず、髪の毛等々キレイに吸い取ってくれます。ヘッド自体も構造的にあまり汚れなく髪の毛とかも全然絡み付かないでフローリングの継ぎ目からも吸い取ると人気になっています。


Dyson Fluffy DC74 motorhead DC74MH ダイソン フラフィ モーターヘッド サイクロン式 スティック&ハンディクリーナー 掃除機

4位 SHARP FREED  スティックタイプ  EC-SX200-N 評価4.1

日本の床を見わけて、畳やじゅうたんなど、日本の床の吸じん力とブラシの回転数を自動的にコントロールしてくれます。吸込口を浮かすと自動的に運転を停止してくれる節電機能がついていて日本製品の優しさを感じます。連続運転時間:約10~20分(自動モード)/約8分(強モード)

3年使っても吸引力が落ちないで拭き掃除をしたようにきれいになります。ダイソンと比較すると細かい塵が残る気ようです。ゴミを手軽に捨てられるのですごく便利です。吸ったゴミが、みるみるうちに溜まっていくので、掃除が楽しくなる掃除機です。


SHARP FREED コードレスサイクロン掃除機 スティックタイプ ゴールド系 EC-SX200-N

5位 TWINBIRD TC-E200B(ブラック/ホワイト) 評価 4.5

TWINBIRDのクリーナーは、縦置きで置き場所に困らないコンパクト設計がいいですね。お部屋のインテリアとしても使えそうです!「思いやりヘッド」で静かにお掃除 充電台にのせるだけの簡単充電3時間充電、連続30分動作。(標準モード時、強モードでは 連続20分動作)

デザインはとてもスマートでオシャレ。子供の食べこぼし等をサッと吸い込めるのは便利みたいです。音が静かで、吸引力もフローリングであれば問題ありません。集塵容量は多くはありませんが、バッテリー充電時のタイミングで捨てれば問題ありません。集塵容量は多くはありませんが、バッテリー充電時のタイミングで捨てれば問題ありません。充電時間が短く、しかも持続時間が長いものを探していたらベストな選択です。


TWINBIRD コードレススティック型クリーナー TC-E200W ホワイト

バッテリータイプ

バッテリータイプは二種類あって、リチウムイオンとニカドバッテリーです。「リチウムイオン」を選んでおけば間違いないでしょう。なぜなら、リチウム電池は急速充電や継ぎ足し充電が可能で、劣化に強いから。値段はニカド電池より高めですが、長い目で見ると絶対にリチウムイオン充電式を選ぶべきだと思います。  

さいごに

コードレスクリーナーの利点は、コードの長さや場所を気にせず掃除ができることでしょう。車内や倉庫、屋根裏などの掃除もできるようになるため自分の用途とこだわるポイントで選べばいいと思います。参考になりましたら幸いです。


iPhone,iPadにそのまま使える!格安SIMはmineo!SIMロック解除不要でユーザー満足度No.1です![詳細]
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook