シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結局コーヒーって体にいいの?悪いの??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 154
スポンサーリンク
ad
ad










結論: 良い効果もあり、悪い効果もある。一日3杯までなら体に悪い影響は与えない。

そもそもコーヒーとは

コーヒーの約99%は水分。ごく少量のたんぱく質や脂質なども含まれていますが

栄養はありません。有効成分は、カフェインとクロロゲン酸です。

カフェインは、覚醒作用、利尿作用があり、クロロゲン酸は、

ポリフェノールの一種でコーヒーの色や苦味、香りのもととなっています。

良い効果

・ボケやパーキンソン病の予防効果

・腎臓に作用して利尿効果を促進する

・胃液分泌を促進し、消化を助ける

・眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を増す

・中枢神経に作用し、呼吸機能や運動機能を高める

・血液中のコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防する

・眠気が覚める(飲んでから30分後)

悪い効果

・貧血

・口臭

・利尿効果で脱水症状になる

脂肪細胞を分解する酵素をサポート

カフェインが脂肪を分解する酵素をサポートして、
脂肪分解を促進させ、血中に脂肪酸として放出させます。

食後に一杯のコーヒーは胃酸を分泌して、

消化を助けてくれます。

カフェインは、新陳代謝を促進してくれます。
美肌づくりに嬉しい飲み物なんです。

カフェインは、胃酸を分泌するので、

空腹時に飲んでしまうと、胃を荒らします。
空腹時のコーヒーは、牛乳をたっぷり入れてれば問題はありません。

糖尿病の発病も抑えるといいます。

最近の研究によると、コーヒーは糖尿病のリスクを下げるそうです。
国内の調査でも、コーヒーを飲む人のほうが、
低血糖、という結果が報告されています。

まとめ

コーヒーは嗜好品であるため中毒性や依存性はありませんが、

良い効果がある反面、悪い効果もあります。

難しいことを考えず、飲みたいときに飲み過ぎない程度に美味しく飲むことが

心と体に良いのではないでしょうか。


iPhone,iPadにそのまま使える!格安SIMはmineo!SIMロック解除不要でユーザー満足度No.1です![詳細]
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook