シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2016年決定版】アフィリエイトで上位表示できる最速サーバーはこれだ!徹底調査しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 154

rental-server-tyousa

ブログやサイトを作成してコンテンツを配信する時に必要になるのがレンタルサーバーとドメインです。ドメインどれでとっても月額料金が変わるくらいで同じですが、レンタルサーバーは大きく異なりますし、サーバのレスポンスは性能表には出ない項目なので当サイトのように調査をいないと真実がわかりません。値段が高い=良い。ではなく性能が高いレンタルサーバーでないといけません。

そのためサーバーの乗り換えをするのですが、今までサイトを200以上作成して上位表示できた私のデータから実績のあるサーバーを取り上げて紹介します。

スポンサーリンク
ad
ad










レンタルサーバーはレスポンスが良くないといけない

この理由は2つあります。

まず、グーグルはアルゴリズム上、サーバーレスポンスが悪いサイトは上位表示させない仕組みを取り入れています。たいてい上位表示しているライバルサイトの使っているレンタルサーバーを調べるとエックスサーバーやヘテムルを使っているのがわかります。

なぜかというと、グーグルの役割は検索ユーザーに対してよりよい結果を返したいというのが大前提になっており、サイトを開いたけど遅いというのは検索ユーザーに満足いく結果を与えないと判断しているからです。

実際に開いたページの表示が遅いと高確率で閉じますよね。求める結果を見つけ出すままで時間がかかるというわけです。このような格安のレンタルサーバーなどでレスポンスが良くない場合は他のライバルサイトが良いサーバーを使っていたらそれより上位表示されることはありません。

当然、ライバルがいない場合は独占状態なのでサイトがタイムアウトしない状態である限り上位表示されます。

これは、検索ユーザーの答えを返せるサイトがそれしかないからです。

2つ目は、サーバーレスポンスが悪いと離脱率・直帰率が大幅に上がるからです。アマゾンではレスポンスタイムが0.1パーセント向上したら収益が1%アップしていると言われていますし、

自動車部品販売会社のEコマースサイトである「AutoAnything.com」の例を取ると、ロード時間を約50%短縮させる改善によりコンバージョン率が9%向上

一回に購入する金額も11%増加、全体の売上は13%増加したというデータがあります。

また、グーグルが出している統計データからは下記のような結果が出ています。

・Googleではページスピードが検索に影響する。
・ユーザーがページ表示に待てるのは2秒まで。
・3秒以上かかると40%以上のユーザーは離脱する。
・フォーチュン500の企業のサイトは平均で表示に7秒以上かかっている。
・表示が1秒遅れるごとにコンバージョン率は7%落ちる。
・表示が1秒遅れるごとに顧客満足度は16%落ちる。
・速いサイトはインフラと公開にかかるコストを50%かそれ以上削減する。

このように、サーバーのレスポンスは0.1秒でも速い方がいいわけです。アフィリエイトをすると複数のドメインをとって、1つのサーバーにコンテンツを複数乗せていくことが多くなります。

たとえ1ページのペラサイトであってもアクセス数はドメインの数に比例して多くなりますし、3ヶ月くらいでグーグル検索からのアクセス数が急増するのでさらにサーバーに負荷がかかります。

そのためライバルを出し抜き上位表示するために少しでもレスポンスの良い高速なレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

レンタルサーバーの価格なんて.comドメインが1つ1000円くらいなので微々たるものです。当サイトも使っているミニバードなどの格安レンタルサーバーは月額250円程度で利用できますが性能はそれなりです。

高性能でアフィリエイターのほとんどが使っているエックスサーバーは高性能レンタルサーバーでたった月額1000円で利用できてしまいますし上位表示できなかった時の原因としてサーバーの性能不足という事項を除外できるメリットがあります。

いろいろなデータをみてもエックスサーバーを超えるコスパをもったレンタルサーバーはありません。これは素晴らしいことだと思います。

レンタルサーバーのレスポンス計測結果

これは静的ページでの速度計測結果です。

数字が大きいほど高速です。

wpXはエックスサーバーと同じ会社が運営するWordPress専用サーバーです。

さすがに専用サーバーだけあって特別です。

レンタルサーバー
(プラン)
最高速度 平均速度
ヘテムル(標準) 19.50 17.21
さくら(スタンダード) 13.08 11.10
さくら(プレミアム) 10.53 9.65
さくら(ビジネス) 12.28 11.64
さくら(ビジネスプロ) 13.42 12.71
エックスサーバー(X10) 24.83 22.50
エックスサーバー(X20) 26.14 24.07
エックスサーバー(X30) 25.05 23.62
エックスツー(スタンダード) 26.47 22.83
エックスツー(アドバンスド) 34.06 28.71
wpX(標準) 82.98 56.90
バリューサーバー(エコ) 20.97 18.48
バリューサーバー(スタンダード) 21.95 19.87
バリューサーバー(ビジネス) 19.60 18.88
コアサーバー(CORE-MINI) 7.60 7.02
コアサーバー(CORE-A) 7.29 6.95
コアサーバー(CORE-B) 8.22 7.63
コアサーバー(CORE-C) 16.31 15.39
コアブログ(標準) 7.73 6.82
ミニバード(標準) 20.99 18.15
ファイアバード(標準) 24.23 19.86
クローバー(標準) 23.45 22.38

次にHTMLの同時接続数を見てみましょう。

数字が大きい方が高性能でMySQLの処理速度が高いということになります。

レンタルサーバー 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 最大 平均
ロリポップ!(コロリポ)
ロリポップ!(ロリポ)
ロリポップ!(チカッパ)
ヘテムル(標準) 16.24 16.50 15.42 19.50 18.39 19.50 17.21
さくらサーバー(ライト)
さくらサーバー(スタンダード) F 13.08 12.47 8.37 10.51 13.08 11.10
さくらサーバー(プレミアム) F F 10.53 8.28 10.15 10.53 9.65
さくらサーバー(ビジネス) F F 11.60 11.06 12.28 12.28 11.64
さくらサーバー(ビジネスプロ) 13.42 11.87 F 12.84 F 13.42 12.71
エックスサーバー(X10) 21.89 22.09 24.83 21.90 21.79 24.83 22.50
エックスサーバー(X20) 24.03 23.00 26.14 24.04 23.15 26.14 24.07
エックスサーバー(X30) 23.31 22.32 24.63 25.05 22.79 25.05 23.62
エックスツー(スタンダード) 25.55 18.38 21.44 22.34 26.47 26.47 22.83
エックスツー(アドバンスド) 31.02 31.43 34.06 15.93 31.13 34.06 28.71
wpX(標準) 44.88 43.23 82.98 67.88 45.56 82.98 56.90
バリューサーバー(エコ) 20.42 19.90 20.97 18.04 13.07 20.97 18.48
バリューサーバー(スタンダード) 19.82 21.95 19.55 17.84 20.21 21.95 19.87
バリューサーバー(ビジネス) 16.40 19.60 19.46 19.58 19.36 19.60 18.88
コアサーバー(CORE-MINI) 7.14 7.60 6.95 6.39 F 7.60 7.02
コアサーバー(CORE-A) 7.29 F 6.64 F 6.92 7.29 6.95
コアサーバー(CORE-B) 7.66 F 8.22 7.03 7.64 8.22 7.63
コアサーバー(CORE-C) 15.66 16.31 15.41 15.50 14.08 16.31 15.39
コアブログ(標準) 7.37 F 7.73 F 5.36 7.73 6.82
ミニバード(標準) 17.32 18.74 20.99 15.12 18.61 20.99 18.15
ファイアバード(標準) 21.03 13.33 24.23 20.88 24,04 24.23 19.86
クローバー(標準) 20.50 23.25 23.22 21.49 23.45 23.45 22.38

レンタルサーバーのマシンスペック比較

レンタルサーバー CPU クロック数 コア数/スレッド数 メモリ
ロリポップ!(コロリポは不明) Xeon E5504 2.00GHz 4コア/4スレッド 10GB
ヘテムル Xeon E5620 2.40GHz 4コア/8スレッド 16GB
さくらサーバー Xeon E312xx 2.40GHz 4コア/4スレッド 18GB
エックスサーバー Xeon E5-2430L 2.00GHz 6コア/12スレッド
24GB
エックスツー Xeon E5-2430L 2.00GHz 6コア/12スレッド 16GB
wpX
バリューサーバー Xeon E5-2670 2.60GHz 8コア/16スレッド 10GB
コアサーバー(CORE-C以外) Xeon L3110 3.00GHz 2コア/2スレッド 4GB
コアサーバー(CORE-C) Xeon L3360 2.83GHz 4コア/4スレッド 8GB
コアブログ Xeon L3110 3.00GHz 2コア/2スレッド 4GB
ミニバード Xeon L3426 1.87GHz 4コア/8スレッド 16GB
ファイアバード Xeon L3426 1.87GHz 4コア/8スレッド 16GB
クローバー Xeon L3426 1.87GHz 4コア/8スレッド 12GB

レンタルサーバーの価格

レンタルサーバー 月額費用 容量 容量1GB
あたりの費用
転送量/日 転送量1GB
あたりの費用
ロリポップ!(コロリポ) 108円 10GB 10.8円 1GB 108円
ロリポップ!(ロリポ) 270円 50GB 5.4円 5GB 54円
ロリポップ!(チカッパ) 540円 120GB 4.5円 10GB 54円
ヘテムル(標準) 1,620円 256GB 6.3円 60GB 27円
さくらサーバー(ライト) 129円 10GB 12.9円 40GB 3.2円
さくらサーバー(スタンダード) 515円 100GB 5.2円 80GB 6.4円
さくらサーバー(プレミアム) 1,543円 200GB 7.7円 120GB 12.9円
さくらサーバー(ビジネス) 2,571円 300GB 8.6円 160GB 16.1円
さくらサーバー(ビジネスプロ) 4,628円 500GB 9.3円 200GB 23.1円
エックスサーバー(X10) 1,080円 200GB 5.4円 50GB 21.6円
エックスサーバー(X20) 2,160円 300GB 7.2円 70GB 30.9円
エックスサーバー(X30) 4,320円 400GB 10.8円 80GB 54円
エックスツー(スタンダード) 1,944円 100GB 19.4円 50GB 38.9円
エックスツー(アドバンスド) 4,001円 200GB 20円 70GB 57.2円
wpX(標準) 1,080円 100GB 10.8円 25GB 43.2円
バリューサーバー(エコ) 180円 50GB 3.6円 5GB 36円
バリューサーバー(スタンダード) 360円 100GB 3.6円 10GB 36円
バリューサーバー(ビジネス) 1,800円 400GB 4.5円 50GB 36円
コアサーバー(CORE-MINI) 213円 60GB 3.6円 3.3GB 64.5円
コアサーバー(CORE-A) 428円 120GB 3.6円 8.3GB 51.6円
コアサーバー(CORE-B) 848円 240GB 3.5円 16.6GB 51.1円
コアサーバー(CORE-C) 3,420円 500GB 6.8円 33.3GB 102.7円
コアブログ(標準) 103円 2GB 51.5円 1GB 103円
ミニバード(標準) 270円 50GB 5.4円 5GB 54円
ファイアバード(標準) 540円 100GB 5.4円 10GB 54円
クローバー(標準) 1,620円 150GB 10.8円 33.3GB 48.6円

MySQL 1つ分の単価比較

レンタルサーバー 月額費用 マルチドメイン 1ドメイン
あたりの費用
MySQL 1MySQL
あたりの費用
ロリポップ!(コロリポ) 108円 20個 5.4円
ロリポップ!(ロリポ) 270円 50個 5.4円 1個 270円
ロリポップ!(チカッパ) 540円 100個 5.4円 30個 18円
ヘテムル(標準) 1,620円 無制限 100個 16.2円
さくらサーバー(ライト) 129円 20個 6.5円
さくらサーバー(スタンダード) 515円 20個 25.8円 20個 25.8円
さくらサーバー(プレミアム) 1,543円 30個 51.4円 50個 30.9円
さくらサーバー(ビジネス) 2,571円 40個 64.3円 100個 25.7円
さくらサーバー(ビジネスプロ) 4,628円 40個 115.7円 200個 23.1円
エックスサーバー(X10) 1,080円 無制限 30個 36円
エックスサーバー(X20) 2,160円 無制限 50個 43.2円
エックスサーバー(X30) 4,320円 無制限 50個 85.4円
エックスツー(スタンダード) 1,944円 無制限 無制限
エックスツー(アドバンスド) 4,001円 無制限 無制限
wpX(標準) 1,080円 10個 108円 10個 108円
バリューサーバー(エコ) 180円 25個 7.2円 1個 180円
バリューサーバー(スタンダード) 360円 無制限 無制限
バリューサーバー(ビジネス) 1,800円 無制限 無制限
コアサーバー(CORE-MINI) 213円 50個 4.26円 10個 21.3円
コアサーバー(CORE-A) 428円 無制限 無制限
コアサーバー(CORE-B) 848円 無制限 無制限
コアサーバー(CORE-C) 3,420円 無制限 無制限
コアブログ(標準) 103円 1個 103円
ミニバード(標準) 270円 50個 5.4円 5個 54円
ファイアバード(標準) 540円 無制限 10個 54円
クローバー(標準) 1,620円 無制限 50個 32.4円

今回はレンタルサーバー比較しました。サイト様と

j-shimbun.com様より貴重なデータをいただきました。ありがとうございます。

どのレンタルサーバーを選ばんでおけば損をしない(間違いない)か?

これらのデータをまとめるとコスパが一番いいのはエックスサーバーです。高性能サーバーと宣伝しているのは伊達ではなく、ちゃんとした高性能なマシンを使っています。

一度働いてみたい会社です。違うか笑

データからも分かる通り、エックスサーバーは値段以上の性能を出しています。それも長年安定してこの状態を維持できているので長く使っても問題ありません。

しかし初めてサーバーを借りる人にとっては正直月1000円は負担だと思います。最初の3ヶ月が少なくともアクセスは少ないのでミニバードから初めてエックスサーバーに引っ越す作戦もいいと思います。でも引越しには専門的な知識が入りますし、正直面倒です。

バリューサーバーは安いのですがあまり使いやすいとは思いませんでした。

wpXはWordPressだけでサイトを作るなら群を抜いて高速なのでいいですが、HTML版の賢威を使ったりシリウスを使ってHTMLでペラサイトなどを作成する場合が多いはずなのですべてWordPressにしようとすると手間が増えてしまいます。さらに欠点だと思うのはデータベース数がたった50しかないのは少なすぎます。せめて500はないとお話になりません。

よって、WordPressだけしか使えないサーバーには不都合が生じます。

なぜ一流アフィリエイターはエックスサーバーを使うのか?

  • エックスサーバーは稼働率99.99%以上でかなり安定しているから
  • 国内最大の232Gbpsの高速バックボーンを備えていて速度の悩みから解放されるから
  • 他のアフィリエイターがエックスサーバーを使っているので同じサーバーを使わないと絶対に勝てないから
  • すべてのプランで自動バックアップが行われていて過去7日間保管されるので間違って飛ばしちゃっても自分で復旧できる
  • サポートは24時間365日体制でメールでの問い合わせには必ず48時間以内に対応してくれる
  • 電話でのサポートがオプションつけないでもついてくる(平日10:00〜18:00)
  • これだけのスペックで月額1000円で使えてしまう
  • 1サーバーへの収容ユーザー数を制限して速度低下の対策をしている
  • サーバーが遅いと感じたらクリック1つで他のマシンに移動できる

エックスサーバーは高速で安定していると一流アフィリエイターは口をそろえて言います。300くらいあるサイトをエックスサーバーX10の1契約だけで構築して月に200万くらい稼いでいる人だっています。

私は、資産となるwebサイトは定番中の定番ですが、エックスサーバー+ムームードメインorバリュードメイン(中古ドメイン)で運用しています。

このtamezatu.comも2016年の11月で今使っているミニバードの契約期間が終了します。さらにこのtamzatu.comは月間80 万PVを超えておりレンタルサーバーの性能をすでに超えて利用していますし、テレビで紹介されてアクセスが集中するとロードバランサがresetを返して見れなくなります。

キャッシュを使ったり、チューニングしたりCDNを使ったりしていますがそろそろ限界です。上限とされている転送量の2倍のトラフィックを発生させてもさばいてくれてるミニバードは、月額250円で利用させてもらっているにもかかわらず、すごく優秀だと思っています。

正直本気でアフィリエイトを始めて1年くらいはミニバードで十分かもしれません。ただし、データベースが上限5つなのでリソース不足の注意が必要です。

はじめてのwebサイトであれば冒険はせずに、確実に実績のあるものを選ぶのをお勧めします。

私も本気でアフィリエイトをやるつもりがある方にはエックスサーバーを進めていますし、私も上位表示できたサーバーはエックスサーバーであることが多いです。逆に同じようなキーワードであげようとした場合格安サーバーはどうしても負けてしまうのが現実です。

エックスサーバーは10日間無料で使えるトライアルがあるので一度試してみてはいかがでしょうか?

↓↓↓↓エックスサーバーの無料トライアルページ↓↓↓↓

いじょうー!皆様のサーバー選びのためになりましたら幸いです。

【保存版】お名前.comは使うな!ドメインを取得する時はWhois情報公開に注意!気をつけることまとめとxyzドメインのSEO効果
この記事はお名前.comでドメインを新規に取得しようと思っている方に贈る記事になります。お名前.comで新規にドメインを取得しようと考えてい...

iPhone,iPadにそのまま使える!格安SIMはmineo!SIMロック解除不要でユーザー満足度No.1です![詳細]
スポンサーリンク
ad
ad

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役に立ちましたらシェア・フォローしていただけると嬉しいです( ・ω・)

facebook